「全てのキーワード」の寄港地交流レポート

4/28【世界を学ぼう】衣装から学ぶマヤの世界観
イベント
2021/3/11

4/28【世界を学ぼう】衣装から学ぶマヤの世界観

南米のメキシコ、グアテマラなどの周辺には、数千年前から古代マヤ文明が存在したとされ、現在も発掘調査が続けられています。その影響は、今もその地域に住む人々の間に受け継がれています。例えば伝統的な衣装の中...
3.11から10年――人びとのつながりで命を守ろう。原発ゼロ・自然エネルギー100で持続可能な社会を築こう
INFO
2021/3/10

3.11から10年――人びとのつながりで命を守ろう。原発ゼロ・自然エネルギー100で持続可能な社会を築こう

東日本大震災の発災から10年を迎えました。改めて、震災で犠牲になった方々を追悼し、ご遺族や、被災により今なお困難な生活を強いられている皆さんにお見舞いを申し上げます。10年経ったからといって、その傷が...
3/11原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議~福島原発事故から10年~
INFO
2021/3/9

3/11原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議~福島原発事故から10年~

<このイベントは終了しましたが、アーカイブ視聴が可能です。ぜひご覧ください。> 東日本大震災にともなう東京電力第一原発事故から10年を迎える今年の3月11日、オンラインにて「原発ゼロ・自然エネルギー...
地雷被害は過去のものではない・森田幸子と「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」(Vol.3)
2021/3/8

地雷被害は過去のものではない・森田幸子と「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」(Vol.3)

ピースボート地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)は、これまで20年以上にわたって活動してきました。P-MACの活動の1つである「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」は、200万㎡以上の土地...
原発事故から10年【下】――脱原発に向かう日本
INFO
2021/3/8

原発事故から10年【下】――脱原発に向かう日本

東日本大震災と福島原発事故から10年を迎えるのを機に、ピースボートは福島と日本の現状を海外向けにまとめ、英語で発信しました。「10年目のフクシマ―その概観」と題する文章(ピースボートの川崎哲が執筆し、...
3/22【ピースボートの顔】弾ける笑顔とやり抜く力・小川裕太郎
イベント
2021/3/5

3/22【ピースボートの顔】弾ける笑顔とやり抜く力・小川裕太郎

今回紹介するスタッフは、旅行説明会の担当スタッフとして勤務する小川裕太郎です。本人が「逃げた先で上手くいった」と表す人生は、学生時代の部活動の変更や転職の際、「やるからには全力でやり抜く」という方針を...
4/5【ピースボートの顔】児童養護施設から世界へ・平林ヒロ昂我
イベント
2021/3/4

4/5【ピースボートの顔】児童養護施設から世界へ・平林ヒロ昂我

今回紹介するスタッフは、米国出身の平林ヒロ昂我です。彼は家庭の事情により、小学校2年生から約11年間にわたり児童養護施設で暮らしました。そして高校時代にはギターオーケストラで全国1位になり、その後、施...
4/12【ピースボートの顔】いつだって”知りたい”が原動力・堀場万生
イベント
2021/3/3

4/12【ピースボートの顔】いつだって”知りたい”が原動力・堀場万生

今回紹介するスタッフは、愛知県出身の堀場万生です。幼い頃から祖母の戦時中の話を聞いて育った影響で、大学では歴史認識問題や国際政治学について学びました。就職するよりまだ学びたい!と思っていた時にピースボ...
4/7【世界を学ぼう】今を生きるわたしとアイヌ
イベント
2021/3/3

4/7【世界を学ぼう】今を生きるわたしとアイヌ

あなたのアイデンティティーはどこにありますか。こう聞かれて「私はアイヌかな」と答えるのは、北海道二風谷出身の関根摩耶さんです。関根さんは両親から先祖であるアイヌについて、その誇りと魅力を聞きながら育ち...
3/29【ピースボートの顔】「内気」の殻をやぶる・山口優樹
イベント
2021/3/2

3/29【ピースボートの顔】「内気」の殻をやぶる・山口優樹

今回紹介するスタッフは、愛知県出身の山口優樹です。工業高校を卒業後、建築関係の仕事や工場勤務をしてきました。ピースボート のことを知ったのは、社会人生活から数年が経ち、転職を考えるタイミングで「この際...
船旅について
VOYAGES
暴力に対する解決策は何か。
ラリータ・ラムダス
活動家/教育家
もっと見る
ラリータ・ラムダス