太平洋の寄港地交流レポート

太平洋の寄港地交流レポート
見渡す限りの海原に囲まれた、太平洋にちりばめられた島々。かつて先住民族は、星や風を頼りに何千キロも航海してこの海を渡りました。南洋の楽園と呼ばれる太平洋の島々のほとんどは、大国の植民地にされた歴史を持っています。大国同士の戦争の舞台にされたり、核実験が行われることもありました。そして今、先進国が引き起こした気候変動によって、水没の危機にさらされている島もあります。太平洋から世界を問い直すことで、また違った世界の形が浮かび上がってくるはずです。

全てのキーワードの寄港地交流レポート

オーストラリア5寄港地で、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)とワークショップを行いました
2020/4/12

オーストラリア5寄港地で、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)とワークショップを行いました

第103回ピースボート「オセアニア一周クルーズ」のオーストラリア区間で、ICANオーストラリアと協力し、船上で複数のワークショップを開催しました。フリーマントル、アデレード、メルボルン、シドニー、ホバ...
ラウトカのビーチを守るために気候変動と向き合う(第101回ピースボート・フィジー)
2020/1/29

ラウトカのビーチを守るために気候変動と向き合う(第101回ピースボート・フィジー)

ここでは、第101回ピースボート地球一周の船旅で訪れたラウトカ(フィジー)で行われたツアーの様子をご紹介します。2019年7月13日、ピースボートが寄港したフィジーのラウトカでは、地元の若者たちと気候...
先住民族の視点から見るブリスベン(第101回ピースボート・オーストラリア)
2019/12/12

先住民族の視点から見るブリスベン(第101回ピースボート・オーストラリア)

ここでは、第101回ピースボート地球一周の船旅で訪れたブリスベン(オーストラリア)で行われたツアーを紹介します。雲一つない青空の下、オーシャンドリーム号はオーストラリア第3の都市ブリスベンに入港しまし...
2/27【東京】消された被ばく者たち〜第五福竜丸事件から65年の春に〜
イベント
2019/1/11

2/27【東京】消された被ばく者たち〜第五福竜丸事件から65年の春に〜

65年前の3月1日、マーシャル諸島ビキニ環礁で米国が水爆実験を行いました。付近で操業していたマグロ漁船・第五福竜丸の乗組員が放射能を浴びたことで、原水爆禁止運動が広がります。しかしそのとき被ばくした漁...
2/20【東京】映画『タリナイ』上映&大川監督トークショー・日本とマーシャルを繋ぐ戦争の記憶
イベント
2019/1/5

2/20【東京】映画『タリナイ』上映&大川監督トークショー・日本とマーシャルを繋ぐ戦争の記憶

昨年で、日本とマーシャル諸島共和国は国交樹立から30周年を迎えました。世界屈指の美しい珊瑚礁が広がるマーシャル諸島は、「太平洋に浮かぶ真珠の首飾り」とも呼ばれ人々を魅了しています。しかしこれらの島々は...
【寄稿】被爆者になるのはいつも誰かの大事な人(おりづるユース:安藤真子さん)
2018/10/16

【寄稿】被爆者になるのはいつも誰かの大事な人(おりづるユース:安藤真子さん)

今回は、第96回ピースボート・オセアニア一周クルーズ(2018年1月出航)に、「おりづるユース」として乗船した安藤真子さんに寄稿いただきました。当クルーズでは、「おりづるプロジェクト〜オーストラリア特...
オーストラリア5寄港地で、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)とワークショップを行いました
2020/4/12

オーストラリア5寄港地で、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)とワークショップを行いました

第103回ピースボート「オセアニア一周クルーズ」のオーストラリア区間で、ICANオーストラリアと協力し、船上で複数のワークショップを開催しました。フリーマントル、アデレード、メルボルン、シドニー、ホバ...
ラウトカのビーチを守るために気候変動と向き合う(第101回ピースボート・フィジー)
2020/1/29

ラウトカのビーチを守るために気候変動と向き合う(第101回ピースボート・フィジー)

ここでは、第101回ピースボート地球一周の船旅で訪れたラウトカ(フィジー)で行われたツアーの様子をご紹介します。2019年7月13日、ピースボートが寄港したフィジーのラウトカでは、地元の若者たちと気候...
先住民族の視点から見るブリスベン(第101回ピースボート・オーストラリア)
2019/12/12

先住民族の視点から見るブリスベン(第101回ピースボート・オーストラリア)

ここでは、第101回ピースボート地球一周の船旅で訪れたブリスベン(オーストラリア)で行われたツアーを紹介します。雲一つない青空の下、オーシャンドリーム号はオーストラリア第3の都市ブリスベンに入港しまし...
【寄稿】被爆者になるのはいつも誰かの大事な人(おりづるユース:安藤真子さん)
2018/10/16

【寄稿】被爆者になるのはいつも誰かの大事な人(おりづるユース:安藤真子さん)

今回は、第96回ピースボート・オセアニア一周クルーズ(2018年1月出航)に、「おりづるユース」として乗船した安藤真子さんに寄稿いただきました。当クルーズでは、「おりづるプロジェクト〜オーストラリア特...
パラオ・若者が世界に広げる「パラオ誓約」
2018/6/21

パラオ・若者が世界に広げる「パラオ誓約」

ここでは、第97回ピースボートアジアグランドクルーズで訪れたパラオで行われている環境活動についてご紹介します。今回のクルーズには、パラオの環境活動に関わる4名の若者たち乗船、参加者に向けてさまざまなレ...
気候変動に取り組む島嶼国の若者たちが乗船、洋上で国連COP23の公認プログラムを実施
2017/9/28

気候変動に取り組む島嶼国の若者たちが乗船、洋上で国連COP23の公認プログラムを実施

第95回ピースボートの船上では、国連気候変動会議COP23の公認プログラムとして、第一回「海洋保護・気候行動のためのユースアンバサダー・プログラム」を開催しています(9月22日〜10月16日)。本プロ...
ピースボートの船旅
VOYAGES
人々の意識を呼び覚ます活動
スティーブン・リーパー
米国 / 広島女学院客員教授 / 前広島平和文化セ...
もっと見る
スティーブン・リーパー