船旅を通じて国際交流を深めるNGOピースボート

新型コロナウイルスに関する対応について
INFO
2020/3/19

新型コロナウイルスに関する対応について

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に猛威を振るっており、日本でも感染が拡大しています。これに対するピースボートとしての対応策は以下の通りです(2020年3月19日現在)。なお今後も、状況の...
【支援物資活動レポート】第101回ピースボート地球一周の船旅
2020/3/17

【支援物資活動レポート】第101回ピースボート地球一周の船旅

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、世界各地へ「支援物資」を届ける活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワークづくりを行っています。第101回ピースボート地球一周の船旅(2019年4月...
3.11から9年-被災者支援の継続を求め、原発汚染水の海洋放出に「NO」の声を広げていきます
INFO
2020/3/10

3.11から9年-被災者支援の継続を求め、原発汚染水の海洋放出に「NO」の声を広げていきます

東日本大震災から9年を迎えました。福島の原発事故を受けて、ピースボートはこれまで、原発事故被災者の支援と脱原発の活動を行ってきました。「復興」のかけ声の下、被災者への支援打ち切りや帰還促進の動きがあり...
カンボジアで地雷被害者への職業訓練を支援しています
INFO
2020/3/4

カンボジアで地雷被害者への職業訓練を支援しています

ピースボート地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)はカンボジアの障がい者の自立を支援するため、現地NGO「アンコール障がい者協会(AAD)」がおこなう木工彫刻トレーニングを資金面でサポートしています。彫刻...
マドリッドで開催されたCOP25に参加しました
INFO
2020/2/27

マドリッドで開催されたCOP25に参加しました

ピースボートは、2019年12月2日から2週間にわたりマドリッド(スペイン)で開催されたCOP25(国連気候変動枠組条約締約国会議)に参加しました。パリ協定(2015年12月)で定めたことが施行される...
過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました
2020/2/20

過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました

第102回ピースボートでは、ドイツのチュービンゲン大学の学生がグリーノック(スコットランド)からマルセイユ(フランス)間で乗船し、平和教育プログラムを実施しました。このプログラムは、2005年から始ま...
【支援物資活動レポート】第101回ピースボート地球一周の船旅
2020/3/17

【支援物資活動レポート】第101回ピースボート地球一周の船旅

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、世界各地へ「支援物資」を届ける活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワークづくりを行っています。第101回ピースボート地球一周の船旅(2019年4月...
過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました
2020/2/20

過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました

第102回ピースボートでは、ドイツのチュービンゲン大学の学生がグリーノック(スコットランド)からマルセイユ(フランス)間で乗船し、平和教育プログラムを実施しました。このプログラムは、2005年から始ま...
第102回ピースボートで「カンボジア手洗いプロジェクト」を実施しました
2020/2/5

第102回ピースボートで「カンボジア手洗いプロジェクト」を実施しました

ピースボートはLUSH(株式会社ラッシュジャパン)と協力し、ピースボートが地雷除去の支援をするカンボジア・スナハイ村の小学校に石けんを届けています。石けんを使って手洗いの習慣をつけることで、子どもたち...
カンボジアで地雷被害者や地雷原の村に暮らす人々と交流しました
2020/1/30

カンボジアで地雷被害者や地雷原の村に暮らす人々と交流しました

第102回ピースボートで「カンボジア地雷問題検証ツアー」を開催しました。本ツアーでは、カンボジア内戦とその後の復興、地雷被害者への支援や今も日々続く地雷除去活動について学びました。その中から地雷被害者...
英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2020年8月のプログラムの参加者を募集しています(第一次〆切3/31、第二次〆切4/30)
2020/1/30

英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2020年8月のプログラムの参加者を募集しています(第一次〆切3/31、第二次〆切4/30)

世界の様々な課題の解決のためにグローバルに活躍できる人材を育てる地球大学特別プログラム、2020年度は「平和で公正な世界のために踏み出す一歩:人を中心に考える包括的で持続可能なアジア」をテーマに開講し...
ラウトカのビーチを守るために気候変動と向き合う(第101回ピースボート・フィジー)
2020/1/29

ラウトカのビーチを守るために気候変動と向き合う(第101回ピースボート・フィジー)

ここでは、第101回ピースボート地球一周の船旅で訪れたラウトカ(フィジー)で行われたツアーの様子をご紹介します。2019年7月13日、ピースボートが寄港したフィジーのラウトカでは、地元の若者たちと気候...
【支援物資活動レポート】第101回ピースボート地球一周の船旅
2020/3/17

【支援物資活動レポート】第101回ピースボート地球一周の船旅

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、世界各地へ「支援物資」を届ける活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワークづくりを行っています。第101回ピースボート地球一周の船旅(2019年4月...
3.11から9年-被災者支援の継続を求め、原発汚染水の海洋放出に「NO」の声を広げていきます
INFO
2020/3/10

3.11から9年-被災者支援の継続を求め、原発汚染水の海洋放出に「NO」の声を広げていきます

東日本大震災から9年を迎えました。福島の原発事故を受けて、ピースボートはこれまで、原発事故被災者の支援と脱原発の活動を行ってきました。「復興」のかけ声の下、被災者への支援打ち切りや帰還促進の動きがあり...
カンボジアで地雷被害者への職業訓練を支援しています
INFO
2020/3/4

カンボジアで地雷被害者への職業訓練を支援しています

ピースボート地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)はカンボジアの障がい者の自立を支援するため、現地NGO「アンコール障がい者協会(AAD)」がおこなう木工彫刻トレーニングを資金面でサポートしています。彫刻...
マドリッドで開催されたCOP25に参加しました
INFO
2020/2/27

マドリッドで開催されたCOP25に参加しました

ピースボートは、2019年12月2日から2週間にわたりマドリッド(スペイン)で開催されたCOP25(国連気候変動枠組条約締約国会議)に参加しました。パリ協定(2015年12月)で定めたことが施行される...
過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました
2020/2/20

過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました

第102回ピースボートでは、ドイツのチュービンゲン大学の学生がグリーノック(スコットランド)からマルセイユ(フランス)間で乗船し、平和教育プログラムを実施しました。このプログラムは、2005年から始ま...
ピースボートも参加する「気候変動イニシアチブ」が、日本政府に気候変動対策強化を求めるメッセージを提出しました
INFO
2020/2/6

ピースボートも参加する「気候変動イニシアチブ」が、日本政府に気候変動対策強化を求めるメッセージを提出しました

気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative=JCI)は、気候変動対策に積極的に取り組む企業や自治体、研究機関、NPO /NGOなどの情報発信や意見交換を強化するためのネッ...
<延期>【大阪】元不登校の教師が語る不登校問題のリアル
イベント
2020/1/28

<延期>【大阪】元不登校の教師が語る不登校問題のリアル

日本で、不登校の子どもたちの数が40万人を突破しました。ひきこもりに関しては、全年代で200万人以上と言われます。 多くの人々がかかえる問題でありながら、なかなか知ることのない不登校やひきこもりの現場...
<延期>【東京】バルト三国エストニアの魅力を知る
イベント
2020/1/28

<延期>【東京】バルト三国エストニアの魅力を知る

北欧に位置するバルト三国の1つ、エストニア。今では、無料チャットツールであるスカイプの開発や電子投票の実施などでIT立国として知られています。現在の国の形になるまでには、大国ロシアやフィンランド、スウ...
2/26【大阪】旅して見えた武士道流の平和学
イベント
2020/1/24

2/26【大阪】旅して見えた武士道流の平和学

京都で平和を求めて活動をしている浜村知成さんは、子どものころから平和について考え、世界各地を旅してきました。現在は食・文化・武士道をテーマにした「 士心 サムライレストラン 」を経営しています。「無条...
<延期>【東京】燃えるアマゾン〜いまブラジルで何が起きているのか
イベント
2020/1/23

<延期>【東京】燃えるアマゾン〜いまブラジルで何が起きているのか

森林火災が年々深刻化する南米アマゾン。農地拡大のための伐採や焼き払いによる森林消失がアマゾンの乾燥化を進め、さらにまた火災の大規模化を招いています。森林破壊は先住民族の生活を脅かし、地球温暖化を促進し...
2/26【東京】インド映画が語るインドの顔
イベント
2020/1/18

2/26【東京】インド映画が語るインドの顔

近年、日本でも多様なインド映画が上映されるようになってきました。1998年の「ムトゥ 踊るマハラジャ」のヒットから20年余、最近では、教育問題を取り上げた「きっと、うまくいく」(2009)や女性の自立...
2/22 【広島】せいじと核廃絶とわたし 〜ひとりひとりに変える力があるということ~
イベント
2020/1/16

2/22 【広島】せいじと核廃絶とわたし 〜ひとりひとりに変える力があるということ~

被爆75年を迎える2020年は、核不拡散条約(NPT)再検討会議の開催、国連事務総長の広島来訪、核兵器禁止条約発効の期待など、「核なき世界」をめざすうえで重要な節目となる1年です。核廃絶を実際に推し進...
人はなぜ旅をするのか
伊藤 千尋
国際ジャーナリスト・元朝日新聞記者
もっと見る
伊藤 千尋
大和田 晶彦
大和田 晶彦
地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)ガラパゴスの森再生プロジェクト
地球は想像以上に大きくて、世界は思ったよりも近い!