通訳ボランティア募集

受付は終了しました
通訳ボランティア募集

通訳ボランティア募集

日本語と英語、スペイン語、中文(中国語)、韓国語などの言語能力を活かして地球一周しませんか?ピースボートの船旅では通訳ボランティアを募集しています。

※詳しい応募資格や条件はページ下部の募集要項をご確認ください。

通訳ボランティアとは

ピースボートは年に3回、地球一周の船旅を行っています。船は世界中様々な寄港地を訪れ、各地で現地のNGOとの交流や、観光など多彩なプログラムを行います。 また、世界中の多才なゲストに乗船してもらい、寄港地での時間を充実させるために、様々な船内の講座、ワークショップ、セミナーなどを企画します。

寄港地で、船内で、語学力を活かし、ピースボート参加者と現地の人々や、各地からのゲストをつなぐことが通訳ボランティアの仕事です。

<通訳ボランティアの魅力>
・世界をめぐる船旅ができること!
・通訳スキルを磨くこと!
・世界各国の有識者と出会えること!
・ただ単に「楽しい旅行」をするだけではなく、社会問題、環境問題なども勉強できること!

具体的な活動内容

通訳ボランティア募集
通訳ボランティアの活動内容は多岐にわたりますが、主に以下の様なものを含みます。

A. 講座及び会議における通訳
船内の各種講座・説明会・NGOフォーラムなどにおいて、逐次または同時通訳をします。また、自分が担当する講座の前には、資料の読み込みや、スピーカーとの打ち合わせを行い基礎知識の勉強が必要となります。

B. オプショナルツアーにおける通訳、スタッフ補佐
寄港地でのオプショナルツアーに加わり、通訳及びスタッフ補佐としての仕事をします。

C. インフォーマルな集まりにおける通訳
一部の参加者と海外ゲストとのインフォーマルな集まり(食事の際など)における通訳をします。

D. 海外ゲスト・国際奨学生のケア
日常生活のお手伝いやピースボートの日本人参加者との架け橋としての仕事をします。

E. 船内運営に必要な諸雑事の通訳

F. 翻訳及び資料の作成
・ゲストスピーカーの紹介や講座の概要などの翻訳
・講座テーマの背景や、キーポイント、専門用語などに関する資料の作成
・寄港地での行動に関する情報の翻訳
・寄港地に関する情報の通訳翻訳や、現地先乗りチームの補佐
・船内運営に必要な諸雑事の翻訳

応募・選考について

① 募集要項をよく読み、期日までに所定の形式にてご応募ください。
② 第一次選考(書類選考)合格者のみ、第二次選考(面接・逐次通訳試験)を行います。
③ 日本以外の国籍をお持ちの方は、クルーズ参加に必要なビザ取得に時間を要する場合があるので、応募締切日にかかわらず早めにご相談ください。

詳しくは、募集要項をご確認ください。

条件・言語力レベル

<応募資格:抜粋>
●日本語と、募集言語の高い言語能力(下記程度のレベルが目安です)。
 ・日本語:日本語検定1級レベル
 ・英語:TOEFL(PBT/ITP)600、(CBT)250、(iBT)100以上 TOEIC900以上
 ・スペイン語:スペイン語検定2級以上、DELE B2以上
 ・中文(中国語):HSK6以上
 ・韓国語:TOPIK6以上
●各ピースボートクルーズの全行程および、出港1〜2週間ほど前から行われるオリエンテーションに参加できる方。
※スペイン語通訳ボランティアの場合、一部区間のみの乗船が許可されることがあります。ご相談ください。
●通訳経験は問いません。

<条件:抜粋>
●通訳ボランティアという立場ですので基本的には無報酬となりますが、クルーズ乗船費用は免除されます。
●業務として参加する場合の寄港地プログラム参加費用はピースボートが負担します。
●ご自宅とクルーズ出発・帰着港の間の往復旅費およびその往復にかかる宿泊費は自己負担となります。
●ビザ取得料は原則としてピースボートが負担しますが、一部自己負担していただく場合があります。また、原則として、ビザの取得作業はご自身の責任でしていただきます。
※日本以外の国籍の方は、クルーズ参加に必要なビザの調査・取得に時間を要する場合がありますので、応募締切日にかかわらず早めにご相談ください。

詳しくは、募集要項をご確認ください。

その他 注意事項

●通訳ボランティアの募集に関するお問い合わせは全て、記事末尾の「問い合わせ先」までお願いします。各地のピースボートセンター及び、ジャパングレイス/ピースボートが行う旅行説明会/ボランティアスタッフ説明会では対応できない場合がございます。
●採用から出航までの間、通訳スキルを磨いたり、基礎知識をつけるための勉強会が実施されます。(参加、もしくは自習が求められます)
●今後のクルーズに関しては、出航の約5~6ヶ月前までに、応募締め切りに関するお知らせがこのウェブサイトに掲載されます。半年前をめどに、このサイトをご覧下さい。
●提出された個人情報は、採用選考および地球一周の船旅参加手続きなどに必要な範囲でのみ利用します。
●お送りいただいた各種書類およびデータはご返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。


●ピースボートクルーズでは、翻訳に特化した採用も行っています。詳しくは、こちらをご覧ください。

応募締め切り

2021年3月28日 (日) 必着
受付は終了しました

募集要項および応募用紙

以下募集要項の内容を確認の上、期日までに所定の形式にてご応募ください。

関連リンク

通訳ボランティア(通称CC)の様子が分かるビデオと、新型コロナウイルスに対する対応についてのリンクです。

先輩たちの「声」

打村明さん(27歳で、計2回、地球一周に参加)

通訳ボランティア募集
通訳スタッフとして地球一周に参加したことは良い経験になりました。旅を通じて訪れた22ヶ国の人々と出会うのはもちろん、乗船するゲストの皆さんとも親しくなれたし、様々なイベントに参加したりもしました。
ピースボートの旅を通して「多文化共生」を体感しただけでなく、世界の現状を自分の目で確認することもできました。こうした経験は、自分の進路をクリアにすることにもつながり、今は日系留学生の活動支援の仕事をしています。

スチュアート・アダムスさん(36歳で、計2回、地球一周に参加)

通訳ボランティア募集
間違いなく、今までの人生で最も楽しい経験です。地球を周りながら、通訳・翻訳家として、そして人間として、たくさん学んで生涯の友人もできました。こんな豊かな経験はピースボートでしかできないことだと思います。
私が1回の乗船ではもの足りず、2回も通訳スタッフとして地球一周をしたのも、こうした素晴らしい経験があるからです。

藤沢未知さん(25歳・26歳で、計2回、地球一周に参加)

通訳ボランティア募集
ウェブサイトでボランティア通訳募集の記事を見つけ深く考えずに応募した私ですが、船を降りた今でも頭の中の一部は常にピースボートのことを考えている気がします。
才能あふれる通訳チームの仲間や本当に個性豊かな参加者の方々、スタッフとの出会いがあり、訪れた国々では現地の文化や風土を体験。船旅でしか味わえない大自然も満喫でき、国際的な社会・時事問題の知識も身に付く。こんなにいろいろな可能性がある場所は他にないと思います。

李一雨さん(日韓通訳ボランティア、26歳と27歳で計2回参加)

通訳ボランティア募集
2回乗って感じたピースボートの最も大きな魅力は、国境や年齢、性別を超えて、船という不思議な空間で、普段なら意識できなかった問題に触れてそれを自分事として認識し始め、一歩踏み出すきっかけを与えてくれることだと思います。
専門的な通訳経験なしで、長期間にわたって通訳できるか不安もありましたが、自分が持つ言語能力を通して人と人を繋ぐ架け橋になれたことは忘れられません。ピースボートでしかできないかけがえのない経験を皆さんにも体験していただけたら嬉しいです。

武濰揚さん(日中通訳ボランティア、34歳で参加)

通訳ボランティア募集
世界一周ができるという単純な思いで乗船してみましたが、一生忘れられない貴重な経験を手に入れました。20以上の国を訪れ、異なる風土と文化に触れる楽しさはもちろん、船内生活も豊富と充実に満ちていました。講座の通訳業務を通して歴史・地理や国際情勢に関する知識を深めたり、船内の様々なイベントにも参加できたり、多彩な毎日を送りました。
ボランティア同士は100日間、仲睦まじい家族のように助け合い、生涯の親友が何人もできました。ピースボートは私にとって、いつかまた帰りたい海上の家という存在です。

問い合わせ先

メールアドレス
担当者
ピースボート国際部 通訳ボランティア担当
船旅について
VOYAGES
ピースボートの魅力
小磯学
神戸山手大学 現代社会学部 観光文化学科 教授
もっと見る
小磯学