全てのニュース

11/28 第2回ピースボート・オンライン地球一周で世界の人々とつながろう!
2020/11/22

11/28 第2回ピースボート・オンライン地球一周で世界の人々とつながろう!

世界各地をめぐりながら、たくさんの人と出会う。ゆっくりと大海原を進みながら、いろいろなことを考える。そんなピースボートの船旅の醍醐味がぎゅっと詰まった1日を、オンラインで体験しませんか。今回は新しい取...
12/10【世界を学ぼう】難民とともに開く未来
イベント
2020/11/20

12/10【世界を学ぼう】難民とともに開く未来

みなさん、難民というとどのような人をイメージしますか?日本に難民として逃れて来た人たちの中には、大学を卒業し、その地域でエンジニアや起業家として仕事をしていた人も多くいますが、日本では才能や意欲を活か...
11/29【世界を学ぼう】アンデスの過去を探って
イベント
2020/11/16

11/29【世界を学ぼう】アンデスの過去を探って

私たちが知っている「インカ帝国」は、実は存在しません。1532年にスペイン人が滅ぼしたのは、当時「タワンティンスユ/4つの州」と呼ばれていた国でした。アンデス山脈周辺には、地上絵を描いたナスカ文化やア...
世界190カ国で被爆証言会を行います~おりづるプロジェクト・オンライン
INFO
2020/11/5

世界190カ国で被爆証言会を行います~おりづるプロジェクト・オンライン

「生きているうちに核兵器のない世界を実現したい。」広島・長崎の多くの被爆者の方々は、そう願い、訴え続けてきました。原爆が投下されてから75年が経ち、被爆者の平均年齢は83歳を超えています。被爆者や世界...
『軍縮教育 ピースボートの方法論』が国連の本として出版されます
2020/11/2

『軍縮教育 ピースボートの方法論』が国連の本として出版されます

広島・長崎の被爆者や世界中の市民運動の努力の結果、2021年1月に核兵器禁止条約が発効する運びとなりました。ピースボートは、この条約の推進に、船旅を通じて貢献してきました。広島・長崎の被爆が各地で被爆...
11/18 国際セミナー「頓挫した原発輸出〜日立が撤退したわけ+原発産業の今」
INFO
2020/10/28

11/18 国際セミナー「頓挫した原発輸出〜日立が撤退したわけ+原発産業の今」

2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに続く東電福島第一原発事故からまもなく10年。事故は、自然のめぐみとともにあった人々の暮らし、生きがいやコミュニティ、家族との大切な時間を人々から奪いま...
11/16【ピースボートの顔】”伝えたい”ではなく、”伝わらなければ”意味がない・西原由梨
イベント
2020/10/27

11/16【ピースボートの顔】”伝えたい”ではなく、”伝わらなければ”意味がない・西原由梨

今回は沖縄県出身のスタッフ、西原由梨をご紹介します。大学時代に休学してニュージーランドで1年過ごした際に、現地の先住民であるマオリとの交流を通じ、彼女は自身の故郷である沖縄について考えるようになりまし...
11/24【ピースボートの顔】転機をもたらす恋心・篠原雅彦
イベント
2020/10/27

11/24【ピースボートの顔】転機をもたらす恋心・篠原雅彦

今回はピースボートで10年勤務している篠原雅彦をご紹介します。中学時代まで充実した人生を過ごしていた彼は、失恋をきっかけに生きる活力を失い、さらに高校時代に両親とすれ違ったことで家出を経験。半年以上ホ...
11/14【世界を学ぼう】メキシコを代表する画家フリーダ・カーロの人生
イベント
2020/10/26

11/14【世界を学ぼう】メキシコを代表する画家フリーダ・カーロの人生

メキシコは多くの著名な画家を輩出していますが、その中でもフリーダ・カーロ(1907年~1954年)はメキシコのアイデンティティ、そして恋と悲劇の象徴としても有名です。小さい頃に交通事故に遭い、その影響...
11/20【世界を学ぼう】ハワイ語で生まれる地域のつながり
イベント
2020/10/26

11/20【世界を学ぼう】ハワイ語で生まれる地域のつながり

伝統文化を否定し、西洋文化を重視する(させられる)ことで近代化してきたハワイ。しかし、1980年代にハワイで盛り上がる伝統文化復興運動(通称「ハワイアン・ルネサンス」)以降、ハワイ語などの伝統文化の価...
ピースボートという不思議な空間
義井豊
写真家
もっと見る
義井豊
下坂 朱乃
下坂 朱乃
災害救援と防災PEACE&GREEN BOATUPA国際協力プロジェクト
「笑う門には福来たる」!「出会いに感謝」!