「子ども」の寄港地交流レポート

福島子どもプロジェクト2016夏・国境を越えた子どもたち
2016/10/31

福島子どもプロジェクト2016夏・国境を越えた子どもたち

PEACE&GREEN BOAT 2016に、福島県南相馬の中高生11名とアシスタント1名が乗船しました。 今回は、乗客の半分が韓国人という国際色豊かな船で、そこに熊本地震で被災した南阿蘇村の小中学...
ドイツ国際平和村を訪れました ~国境を越えて子どもを救う場所~
2016/10/12

ドイツ国際平和村を訪れました ~国境を越えて子どもを救う場所~

ここでは、第91回ピースボートで訪れたドイツ国際平和村での交流プログラムの様子をお伝えします。 ドイツ国際平和村は、1967年に紛争などで危機に瀕した地域の子どもたちを助ける目的で、ドイツ市民の手に...
東ちづるさんと一緒にLet’s まぜこぜ 
2016/10/11

東ちづるさんと一緒にLet’s まぜこぜ 

「どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない「まぜこぜの社会」で暮らしたい」。女優・タレントとして活躍する東ちづるさんが理事長を務める、一般社団法人「Get in touch」のコンセプ...
PEACE&GREEN BOAT 2016に新たな水先案内人が加わりました
2016/8/11

PEACE&GREEN BOAT 2016に新たな水先案内人が加わりました

ピースボートの船旅には、国内外から各界の専門家やアーティストの方たちが「水先案内人」として多数乗船されています。ともに旅をする仲間であり、ときに先生役を担ってくれる水先案内人の方々から、さまざまなもの...
被災した熊本県南阿蘇村の小中学生25名が、夏休みに東アジアをめぐる船旅に出発します
2016/7/28

被災した熊本県南阿蘇村の小中学生25名が、夏休みに東アジアをめぐる船旅に出発します

熊本県南阿蘇村では、今年度から3つの中学校が統合されたばかり。新しい顔ぶれにまだ緊張が残る4月、県内広域を襲った震災により、3週間の休校を余儀なくされました。倒壊した家屋、崩落した橋や鉄道、土砂崩れに...
【寄付金のお願い】夏休みクルーズ 福島の子どもたちが東アジアを回ります
募集
2016/6/24

【寄付金のお願い】夏休みクルーズ 福島の子どもたちが東アジアを回ります

福島原発事故から5 年。今も原発災害の影響によりさまざまな困難を強いられている子どもたちがいます。ピースボートが、震災直後から行っている「福島子どもプロジェクト」には、これまで福島県南相馬市の中学生1...
10万人のストリートチルドレン シェルターとしての学校の取り組み ―ムンバイ
2016/5/15

10万人のストリートチルドレン シェルターとしての学校の取り組み ―ムンバイ

第88回ピースボートで訪れたインド(ムンバイ)での交流プログラムの様子をお伝えします。10万人と言われるストリートチルドレンを抱えるムンバイでの取り組みを見てきました。...
「エル・システマ」が第91回ピースボートにベネズエラから横浜まで乗船します
2016/3/24

「エル・システマ」が第91回ピースボートにベネズエラから横浜まで乗船します

ベネズエラ青少年オーケストラの音楽を使った教育システム「エル・システマ」との交流10周年を迎える今年、初めてオーケストラ編成が乗船します。オーケストラの名は、「フランシスコ・ミランダ・ユース・シンフォ...
ベトナムのストリートチルドレンについて学ぶ ー ダナン
2016/3/10

ベトナムのストリートチルドレンについて学ぶ ー ダナン

ここでは、第90回ピースボート地球一周の船旅で訪れたダナンで、子ども支援施設を訪問したプログラムの様子を紹介します。...
ベネズエラ「エル・システマ」 オーケストラの若者たちと交流しました
2016/2/26

ベネズエラ「エル・システマ」 オーケストラの若者たちと交流しました

第87回クルーズ寄港地・ベネズエラでは、世界的注目をあびる音楽を使った教育システム、「エル・システマ」との交流を行いました。航海中のワークショップ、寄港地での交流プログラム、そして被爆証言会の実施など...
ピースボートの船旅
VOYAGES
楽しみながら新しい世界に出会う
イ・キホ
韓信大学「平和と公共性センター」局長・教養学...
もっと見る
イ・キホ