「歴史」の寄港地交流レポート

3.1独立運動100周年のキャンドル集会を行いました
INFO
2019/3/14

3.1独立運動100周年のキャンドル集会を行いました

2019年3月1日は、日本に植民地支配をされた朝鮮半島で起きた抵抗運動「3・1独立運動」からちょうど100年にあたる記念日でした。この日、ピースボートは多数の市民団体とともに、東京の新宿アルタ前でリレ...
2/6【東京】超入門!ホントに解決済みなの?徴用工問題
イベント
2019/1/23

2/6【東京】超入門!ホントに解決済みなの?徴用工問題

日本はかつて朝鮮半島を植民地にし、現地の人々を日本国内で働かせていました。彼らのことを「徴用工(ちょうようこう)」といいます。昨年10月末、韓国の最高裁判所は、日本企業が元徴用工の人たちへ賠償するよう...
3・1朝鮮独立運動100周年に、日本から応答する『2019年3・1百字宣言』を募集します
INFO
2019/1/17

3・1朝鮮独立運動100周年に、日本から応答する『2019年3・1百字宣言』を募集します

1919年3月1日、朝鮮ソウルである宣言書が発表されました。この日以降、植民地支配を続けようとする日本の警察と軍隊によって押さえつけられるまで、朝鮮独立を求める人びとは示威行動を繰り広げました。この3...
2/27【東京】消された被ばく者たち〜第五福竜丸事件から65年の春に〜
イベント
2019/1/11

2/27【東京】消された被ばく者たち〜第五福竜丸事件から65年の春に〜

65年前の3月1日、マーシャル諸島ビキニ環礁で米国が水爆実験を行いました。付近で操業していたマグロ漁船・第五福竜丸の乗組員が放射能を浴びたことで、原水爆禁止運動が広がります。しかしそのとき被ばくした漁...
2/20【東京】映画『タリナイ』上映&大川監督トークショー・日本とマーシャルを繋ぐ戦争の記憶
イベント
2019/1/5

2/20【東京】映画『タリナイ』上映&大川監督トークショー・日本とマーシャルを繋ぐ戦争の記憶

昨年で、日本とマーシャル諸島共和国は国交樹立から30周年を迎えました。世界屈指の美しい珊瑚礁が広がるマーシャル諸島は、「太平洋に浮かぶ真珠の首飾り」とも呼ばれ人々を魅了しています。しかしこれらの島々は...
おりづるプロジェクト2018ーヒバクシャ地球一周に参加する被爆者、継承者、ユースを募集します
募集
2018/5/1

おりづるプロジェクト2018ーヒバクシャ地球一周に参加する被爆者、継承者、ユースを募集します

昨年、核兵器のない世界に向けた歴史的な扉が開かれました。7月には国連で核兵器禁止条約が成立し、これに貢献した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が12月にノーベル平和賞を受賞しました。こうした中、I...
NO PHOTO
INFO
2018/3/13

おりづるプロジェクト2018 募集要項と応募用紙

第98回ピースボートと第99回ピースボートで実施される「おりづるプロジェクト」の募集要項と応募用紙は以下からダウンロードできます。(1)被爆者、(2)被爆二世、継承者、(3)ユースの3種類それぞれに別...
3/7 ICANの取り組みに関する記者会見を行います
INFO
2018/3/1

3/7 ICANの取り組みに関する記者会見を行います

ピースボートは、2017年にノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営団体としてさまざまな取り組みをしてきました。3月7日(水)18時から、ピースボートセンターとうきょう...
2/7 超入門!ピョンチャンオリンピック開幕直前! ここが知りたい、日韓関係
イベント
2018/1/2

2/7 超入門!ピョンチャンオリンピック開幕直前! ここが知りたい、日韓関係

K-POPやアイドル、韓流ドラマなど、日韓両国の文化交流はブームの枠にとどまらず、今や音楽やファッションとしての「韓国」は日本で日常と化しています。しかし、ある10代の高校生はいいます。「韓国の人って...
ノーベル平和賞を胸に世界各地で核廃絶を訴えた! 第95回ピースボートが横浜に帰港します
2017/11/21

ノーベル平和賞を胸に世界各地で核廃絶を訴えた! 第95回ピースボートが横浜に帰港します

8月13日に約1,000人の参加者を乗せて横浜港から出航した第95回ピースボートが、世界21カ国23寄港地をめぐり、11月24日に横浜港へ帰港します。この船旅では、長崎の被爆者である木村徳子(きむら・...
ピースボートの船旅
VOYAGES
『もうひとつの道』を共に歩もう
辻信一
文化人類学者
もっと見る
辻信一