この活動について

脱原発
東日本大震災で発生した福島第一原発事故は、世界最悪レベルの放射能災害となってしまいました。このプロジェクトは、事故の教訓から学び、二度とこのような被害を出すことのないような取り組みにつなげるとともに、自然エネルギーをベースとした持続可能な社会を世界規模で築くために始まりました。ピースボートは、国内外の多くの市民団体や専門家と連携し、2012年に2度にわたり「脱原発世界会議」を開催しました。また、福島の原発災害で被害を受けた人々への支援活動を続けています。ピースボートは、福島の現実を世界に発信し、国際的な支援体制を構築することに力を注いできました。今後も脱原発の未来を実現するために、政策転換を求めていきます。

この活動を応援しています

脱原発
セヴァン・カリス・スズキ
環境活動家
脱原発
レベッカ・ハルムス
ドイツ / 欧州議会議員 / 緑の党 欧州自由同盟副代表
脱原発
イ・ホンソク
エネルギー正義行動 代表

あゆみ

脱原発
ピースボートでは、2012年に2度にわたって「脱原発世界会議」を開催し、国内外の専門家や市民団体が知見を共有する場を設けました。また、その後も福島の原発災害で被害を受けた人々への支援活動を続けています。

2012年1月「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」開催1万1500人が参加
2012年1月14~15日、パシフィコ横浜にて。参加者は、海外からの約30カ国約100名を含め、初日6000人、2日目5000人、あわせてのべ1万1500人 に上りました。会議はインターネットで全世界に中継され、約10万人が視聴。 
詳細「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMAを開催、1万1500人が参加しました」
2012年12月Nuclear Free Now 脱原発世界会議2
12月15~16日の2日間、東京と福島で開催されたイベントやワークショップに5,600 人以上の方達が参加。
詳細「Nuclear Free Now 脱原発世界会議2が開催されました」
2013年5月「洋上脱原発会議」開催、フクシマ連帯アピールを発表。第79回クルーズの船上にてを開催、井戸川克隆・前双葉町長や欧州各国の専門家らによる「フクシマ連帯アピール」を発表。
詳細「洋上脱原発会議を開催しました」

協力団体

福島原発事故緊急会議
首都圏反原発連合
東アジア脱原発・自然エネルギー311人宣言
原発ゼロノミクス・キャンペーン
Fukushima on the Globe (フクシマ・オンザ・グローブ)
ピースボートの活動
PROJECTS