おすすめレポート

3.11から10年――人びとのつながりで命を守ろう。原発ゼロ・自然エネルギー100で持続可能な社会を築こう
INFO
2021/3/10

3.11から10年――人びとのつながりで命を守ろう。原発ゼロ・自然エネルギー100で持続可能な社会を築こう

東日本大震災の発災から10年を迎えました。改めて、震災で犠牲になった方々を追悼し、ご遺族や、被災により今なお困難な生活を強いられている皆さんにお見舞いを申し上げます。10年経ったからといって、その傷が...
原発事故から10年【下】――脱原発に向かう日本
INFO
2021/3/8

原発事故から10年【下】――脱原発に向かう日本

東日本大震災と福島原発事故から10年を迎えるのを機に、ピースボートは福島と日本の現状を海外向けにまとめ、英語で発信しました。「10年目のフクシマ―その概観」と題する文章(ピースボートの川崎哲が執筆し、...
原発事故から10年【上】――「フクシマの概観」を世界に発信しています
INFO
2021/3/1

原発事故から10年【上】――「フクシマの概観」を世界に発信しています

2011年3月11日に東日本を襲った地震と津波、そして福島の原発事故から10年を迎えます。ピースボートは国際NGOとしてこれまで被害の実相や脱原発への展望を世界に発信してきましたが、この機に「原発事故...
3.11から9年-被災者支援の継続を求め、原発汚染水の海洋放出に「NO」の声を広げていきます
INFO
2020/3/10

3.11から9年-被災者支援の継続を求め、原発汚染水の海洋放出に「NO」の声を広げていきます

東日本大震災から9年を迎えました。福島の原発事故を受けて、ピースボートはこれまで、原発事故被災者の支援と脱原発の活動を行ってきました。「復興」のかけ声の下、被災者への支援打ち切りや帰還促進の動きがあり...
3.11から8年 国内外において、原発事故の教訓を風化させず、自然エネルギーの促進に努めます
INFO
2019/3/11

3.11から8年 国内外において、原発事故の教訓を風化させず、自然エネルギーの促進に努めます

東日本大震災と福島の原発事故から8年を迎えました。ピースボートはこれまで脱原発を推進してきましたが、現在、自然エネルギーによる照明を実際に必要な人々に届ける活動を行なっています。 同時に、これま...
3.11から7年 原発災害のリスクを世界に伝え、自然エネルギーを促進していきます
INFO
2018/2/26

3.11から7年 原発災害のリスクを世界に伝え、自然エネルギーを促進していきます

東日本大震災と福島の原発事故からまもなく7年を迎えます。ピースボートはこれまで「福島の教訓」を世界に伝える多言語ブックレットの普及につとめてきましたが、このたび、原発災害リスクの伝達者を国内外で育成す...
日印原子力協定は核廃絶を掲げる日本外交を傷つける-参議院で川崎哲が意見陳述しました
INFO
2017/5/30

日印原子力協定は核廃絶を掲げる日本外交を傷つける-参議院で川崎哲が意見陳述しました

5月30日、ピースボートの川崎哲が参議院外交防衛委員会における日印原子力協力協定の承認問題の審議で参考人として意見陳述し、同協定をこのまま承認することは「核兵器廃絶を掲げる日本外交の基本姿勢を著しく傷...
核の危険を世界に広げる日印原子力協定に反対しています
INFO
2017/5/17

核の危険を世界に広げる日印原子力協定に反対しています

5月12日、日本とインドの原子力協力協定の承認が衆議院外務委員会で可決されました。この協定は、核兵器保有国インドに対して日本が原発を輸出していくというものであり、福島原発事故の教訓をかえりみていないば...
太平洋ピースフォーラムの成果ビデオ・スライドショー
2016/12/25

太平洋ピースフォーラムの成果ビデオ・スライドショー

2016年3~4月に行われた太平洋ピースフォーラムの成果ビデオとスライドショーへのリンクです。...
マーシャル・タヒチ・福島の核被害者が交流~「太平洋ピースフォーラム」を行います
2016/3/16

マーシャル・タヒチ・福島の核被害者が交流~「太平洋ピースフォーラム」を行います

福島原発事故から5年、チェルノブイリ原発事故から30年を迎えるにあたり、ピースボートの船旅では、太平洋で核実験の被害者を招き、福島の被災者らと交流する「太平洋ピースフォーラム」を開催します。...
活動について
PROJECTS