活動レポート

みんなが主役で船を出す、ピースボート100回目の航海が出航!
2018/12/27

みんなが主役で船を出す、ピースボート100回目の航海が出航!

12月26日、晴れ渡る空のもと第100回ピースボート地球一周の船旅が、横浜大桟橋埠頭を出航いたしました。1983年に創設されたピースボートは、激動の世界情勢の中で35年間船を出し続け、今回100回目の...
祈るだけでなく、ともに行動を!/サーロー節子さん記者会見
INFO
2018/12/18

祈るだけでなく、ともに行動を!/サーロー節子さん記者会見

広島の被爆者でカナダ在住のサーロー節子さんが来日し、12月6日、ピースボートセンターとうきょうで記者会見を行いました。長年核廃絶の活動に取り組んできたサーローさんは、2008年には第1回おりづるプロジ...
「ともに築くアジアの平和」を探って ~2018年・地球大学特別プログラム報告~
2018/12/18

「ともに築くアジアの平和」を探って ~2018年・地球大学特別プログラム報告~

8月31日から9月18日まで19日間、ピースボートは5年目6回目となる地球大学「特別プログラム」を実施しました。地球大学「特別プログラム」は英語で行う短期集中プログラムです。国連の持続可能な開発目標(...
世界の若者たちに被爆証言を届ける・第99回ピースボートが横浜港に帰港しました
2018/12/17

世界の若者たちに被爆証言を届ける・第99回ピースボートが横浜港に帰港しました

12月17日、第99回ピースボート地球一周の船旅が、108日間の旅を終え横浜港へと帰港しました。帰港記者会見では、クルーズで実施されたおりづるプロジェクトの報告が行われました。今回のクルーズでは、被爆...
「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」コーケーの森で地雷除去が終了しました
INFO
2018/12/16

「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」コーケーの森で地雷除去が終了しました

カンボジアで地雷を除去するのに必要な金額は1㎡あたり約100円。ピースボート地雷廃絶キャンペーンP-MACは、地雷除去のための街頭募金「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」を全国で行って...
COP24開催地カトヴィツェで『Moving for Climate NOW』に参加しました
INFO
2018/12/14

COP24開催地カトヴィツェで『Moving for Climate NOW』に参加しました

11月末、第4回目となる『Moving for Climate NOW』がヨーロッパで開催され、ピースボートからもスタッフが参加しました。
スペインの企業イベルドローラ (Iberdro...
大都市バンコクで人身取引の最前線から学ぶ – タイ
2018/12/10

大都市バンコクで人身取引の最前線から学ぶ – タイ

ここでは、第97回ピースボート・アジアグランドクルーズで訪れたタイ(バンコク)で行われたツアーを紹介します。ツアーでは、国際的な人身取引の拠点として利用されているバンコクの影に立ち向かう人々と出会い、...
カンボジアの地雷問題を学ぶツアーを開催しました
2018/12/6

カンボジアの地雷問題を学ぶツアーを開催しました

第99回ピースボートで「カンボジア地雷問題検証ツアー」を開催しました。ピースボート地雷廃絶キャンペーンP-MACはカンボジアの地雷除去を支援しています。パートナーである地雷除去団体「カンボジア地雷対策...
【12/6】サーロー節子さんの記者会見を行います
INFO
2018/12/5

【12/6】サーロー節子さんの記者会見を行います

広島の被爆者でカナダ在住のサーロー節子さんが、先月より来日しています。昨年12月に核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)を代表してノーベル平和賞授賞式にて講演したサーローさんは、ピースボートの第1回「...
【2020年4月&8月出航】洋上保育園「ピースボート子どもの家」プログラムで参加者を募集しています
2018/11/25

【2020年4月&8月出航】洋上保育園「ピースボート子どもの家」プログラムで参加者を募集しています

子どもにも「世界」を体感させたい、家族で地球一周したい――そんな声に応えて始まったのが、小さな子どもと一緒に旅するプログラム「ピースボート子どもの家」です。2020年4月&8月出航クルーズで「地球一周...
ピースボートは小さな村
石川清
フリージャーナリスト/引きこもり訪問サポート士
もっと見る
石川清
井上綾乃
井上綾乃
災害救援と防災SDGs キャンペーン
ピースボート災害ボランティアセンターで災害支援や防災・減災に関わる仕事をしています。災害への備えや、災害ボランティアについてのセミナー、講演等を行なうチームでの業務や、障害と防災・減災に関することを中心に行なっています。