全てのニュース

11/4【世界を学ぼう】出版記念トーク『軍縮教育 ピースボートの方法論』
イベント
2020/9/24

11/4【世界を学ぼう】出版記念トーク『軍縮教育 ピースボートの方法論』

ピースボートでは、核兵器や地雷の問題について、当事者の体験や証言に焦点をあてながら解決策を模索するという取り組みを長く続けてきました。またその中で、若者を含む多くのクルーズ参加者に、軍縮と平和の問題に...
朝鮮戦争から70年、ピースボートは「朝鮮半島平和宣言」に賛同しています
INFO
2020/9/24

朝鮮戦争から70年、ピースボートは「朝鮮半島平和宣言」に賛同しています

2020年は、朝鮮戦争勃発から70年の節目の年になります。このタイミングで韓国の多数の市民団体が「朝鮮半島平和宣言(KOREA PEACE APPEAL)」というキャンペーンを立ち上げました。このキャ...
10/19【ピースボートの顔】半径5キロの生活から世界へ・武田信大
イベント
2020/9/19

10/19【ピースボートの顔】半径5キロの生活から世界へ・武田信大

今回ご紹介するのは、福島県郡山市出身のピースボートスタッフ武田信大です。7人兄弟、10人家族の大家族で育った彼は、20歳まで地元で過ごし、その後ピースボートと出会います。これまで半径5キロ圏内で完結し...
気候変動に対するアクション・ウィークが始まります
INFO
2020/9/18

気候変動に対するアクション・ウィークが始まります

2018年、スウェーデンの15歳の少女グレタ・トゥーンベリさんが、1人で気候変動に対するストライキを始め、徐々に賛同者が増えていきました。その運動は、彼女が毎週金曜日に学校を休んでストライキを行なって...
10/14【世界を学ぼう】ブラック・ライブズ・マター~その背景を探る~
イベント
2020/9/14

10/14【世界を学ぼう】ブラック・ライブズ・マター~その背景を探る~

現在、米国では警察官による過剰な暴力に反対する多くの市民の声が、ブラック・ライブズ・マターと呼ばれる大きなうねりを作り出しています。黒人奴隷制度が廃止され、公民権運動により人種差別の撤廃が広がった米国...
10/12【ピースボートの顔】考える「多数派」ライター・岡田 哲
イベント
2020/9/12

10/12【ピースボートの顔】考える「多数派」ライター・岡田 哲

今回は、ピースボートの制作部に所属する岡田哲をご紹介します。学生時代から文章を書くことに慣れていた彼は自分の手で何かを生み出すことに魅力を感じ、その後もエンジニアや鍛冶職人など手を動かす仕事に携わって...
スタッフのメリ・ジョイスを含む6名が、韓国政府より「朝鮮半島平和親善大使」に選ばれました
INFO
2020/9/11

スタッフのメリ・ジョイスを含む6名が、韓国政府より「朝鮮半島平和親善大使」に選ばれました

9月7日、ピースボートスタッフでGPPAC(武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ)東北アジアのコーディネイターを務めるメリ・ジョイスが、韓国政府から「朝鮮半島平和親善大使」に委嘱されました...
10/10【世界を学ぼう】世界の教育大集合〜現場で私が見てきたこと〜
イベント
2020/9/10

10/10【世界を学ぼう】世界の教育大集合〜現場で私が見てきたこと〜

子ども自身が学びたいことを探すフィンランドや異文化に触れる機会が多く作られている台湾、10歳からキャリアや働くことを強く意識するドイツ、あるいはキャンパスを持たずオンラインの授業で学ぶ力を伸ばす米国な...
被爆75年の広島・長崎からオンラインで核廃絶を世界に訴えました
INFO
2020/9/8

被爆75年の広島・長崎からオンラインで核廃絶を世界に訴えました

この8月で広島・長崎への原爆投下から75年が経ちました。「生きているうちに核廃絶を」と訴えてこられた被爆者の皆さんの平均年齢は83歳をこえました。いま核保有国は新たな軍拡競争に走り世界の核の脅威は高ま...
10/5【ピースボートの顔】ピースボート版サイタマノラッパー・菅野雅悦
イベント
2020/9/5

10/5【ピースボートの顔】ピースボート版サイタマノラッパー・菅野雅悦

今回ご紹介するのは埼玉県出身のピースボートスタッフ、菅野雅悦です。高校生の時によく聞いていたヒップホップアーティストが、音楽を通してイラク戦争に反対していたことから、宗教や文化の違いに興味を持つように...
海に浮かんだ平和な村
キャスリン・サリバン
軍縮教育家 / 元国連軍縮局コンサルタント
もっと見る
キャスリン・サリバン
出張 裕美
出張 裕美
この旅は沢山の「キッカケ」に出会うことができる。何かを始めるには、ぴったりの100日間!