松村 真澄(マツムラ マスミ)

松村 真澄ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領をピースボート船内に迎えて(ウルグアイにて、2017年)
「いちゃりばちょーでー」(一度会ったらみな兄弟、仲良くしよう/沖縄のことば)
ピースボートでは、そういう雰囲気を作っていきたいです。

ピースボートでのお仕事

国内では、核兵器廃絶に関連する企画の事務を担当。被爆者のみなさん、活動しているユースとのやりとり、講演会、出前講座の調整やグッズの販売などを通して、2017年にノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の活動をサポートしています。
海外では、スペイン語を使ってラテンアメリカでの船内/寄港地プログラムを企画。音楽やダンス企画を通して、現地の仲間たちの陽気さ、たくましさを伝えようと奮闘しています。

ピースボートへの思い

例えば、ピースボートがグァテマラやキューバに寄港できるのは1年に1~2回です。それでも現地の人々は、船の寄港を心から楽しみに待っています。不公平な立場に立たされる各地の人々は、ピースボートの訪問で「世界から孤立していないんだ、と思える」と言うのです。
インターネットで容易に国際情勢がつかめてしまう今だからこそ、直接会ってふれ合いを生むピースボート的活動が重要だと考えています。

注目しているピースボートの活動

核廃絶
2017年にノーベル平和賞を受賞したICANの国際運営団体として、核兵器禁止条約の早期発効を求めながら、核廃絶のための提言・教育活動を展開しています。
紛争予防(GPPAC)
GPPAC (ジーパック) は、紛争予防や平和構築に関する国際的な世論形成と政策提言を世界各地で行う活動です。
グローバルスクール
ピースボートグローバルスクールは、「ヒト多様性」を体験しながら学ぶ、新しいカタチの洋上フリースクールです。

私の好きな地域

南北アメリカ&カリブ
コロンブス到達以来、支配の歴史に苦悩してきたラテンアメリカ。異議を唱え、社会を動かしてきた市民の取り組みには、目を見張るものがあります。

プロフィール

出身地:
群馬県
趣味:
お茶、お酒

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
三尾 紗希
三尾 紗希
地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)UPA国際協力プロジェクトハッピーシェア地球便
人と人は出逢うべくして出逢うもの、出逢いに感謝!