Louise Soerensen(ルイース・ソレンセン)

Louise Soerensen
みんながあなたの友達になれるわけではありませんが、誰でもあなたの先生になれます(Not everyone can be your friend, but anyone can be your teacher)

ピースボートでのお仕事

平和教育、洋上での水先案内人(ゲストスピーカー)プログラム作り、持続可能な開発目標 (SDGs) の啓発やトレーニング、紛争やハラスメントに対応するためのトレーニング、ピースボートとサステナビリティ。

ピースボートへの思い

ピースボートは世界中の人々に会うユニークな場所です。それはみんなの第二の家だけれど、特定の誰かの家でもない。このユニークなスペースが対話や交流を可能にし、自分自身や他の人の理解を深める場を作ってくれています。私はクルーズを終えて戻ってくるとき、毎回少し変わった気がしています。 これからクルーズに参加する方には、他の地域からの参加者、スタッフ、ボランティア、そしてもちろん素晴らしいゲストスピーカーなど、できるだけ多くの人と交流することをお勧めします。

注目しているピースボートの活動

SDGs キャンペーン
国連が掲げる「持続可能な開発目標 (SDGs)」 の達成に向けて、貧困や環境、平和などに関わる幅広い活動に取り組んでいます。
地球大学
「地球一周の船旅」という学びの場を活かした、グローバルな視点を養う平和教育プログラムです。
紛争予防(GPPAC)
GPPAC (ジーパック) は、紛争予防や平和構築に関する国際的な世論形成と政策提言を世界各地で行う活動です。

プロフィール

出身地:
デンマーク
趣味:
アウトドアスポーツ(ハイキングやスキー/スノボ)、ダンス、博物館/美術館巡り、散歩して新しい近所を探検する、など。

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
羅詠琴(琴音)
羅詠琴(琴音)
核廃絶地球大学子どもの家
人との絆を大切にして、自分に正直に生きる