小鍋 匠(コナベ タクミ)

小鍋 匠
「自分の幸せ」だけでなく「他者の幸せ」を考えられる人間でいたい。

ピースボートでのお仕事

ピースボートの船旅には、日本語以外を母語とする参加者も大勢乗船してきます。中国大陸、台湾、シンガポール、マレーシア、韓国、タイ、インドネシアなどです。日本語以外を母語とする参加者が楽しめる船内企画の立案・実施を担当しています。そして、日本からの参加者と日本以外の国々から参加するみなさんが有意義に過ごせる船旅作りです。国際交流!

ピースボートへの思い

18歳の時に進路に悩み、胃潰瘍になりました。初めて胃カメラを飲みました。胃潰瘍になるくらい考えた結果、大学や専門学校などの代わりに、2001年にピースボートに乗船しました。あれから、気付けば18年が経ちました。国際交流の船旅の「国際交流」とは、「友達作り」だなぁとおもいます。世界中に友達を作ることは、様々な問題を自分の問題として捉える一番わかりやすい方法だと思います。なぜなら、今までニュースを見ていて、知らない土地で起こっていることをサラッと流していたひとも、そこに友達がいるだけで見方は変わるからです。インターネットを使えば、世界中の情報が簡単に入手できますが、「現地に直接足を運んで、そこに住む人々と直接顔の見える交流」に勝るものはありません。

自分の幸せだけでなく、自分以外の他者の幸せを考えられる人間になりたいとおもっていますし、これからもその考えは変わりませんが、そのように考えるきっかけをピースボートはくれたかもしれません。

注目しているピースボートの活動

パレスチナ・中東
混迷する中東情勢。現地に暮らす人々の視点に立って、支援などを行うプロジェクトです。
PEACE&GREEN BOAT
PEACE&GREEN BOATは、ピースボートと韓国の環境財団が共同でコーディネートする、日韓共催の船旅です。
脱原発
福島原発事故の教訓を活かし、持続可能な社会をつくるため、国内外でネットワークを築き、さまざまなアクションを行っています。

プロフィール

出身地:
東京
趣味:
野球、サーフィン、キューバンサルサ、読書

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
井上綾乃
井上綾乃
災害救援と防災SDGs キャンペーン
ピースボート災害ボランティアセンターで災害支援や防災・減災に関わる仕事をしています。災害への備えや、災害ボランティアについてのセミナー、講演等を行なうチームでの業務や、障害と防災・減災に関することを中心に行なっています。