川崎 哲(カワサキ アキラ)

川崎 哲川崎哲
ノーベル平和賞メダルを手に持って、世界を変えていこう

ピースボートでのお仕事

核廃絶プロジェクトを中心に、平和や脱原発などさまざまなキャンペーン、アドボカシー活動を進めています。船では、おりづるプロジェクトや地球大学のプログラムをコーディネートしています。2017年にノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)には、2010年から中心的に関わっており、現在は、ICANの国際運営委員(2014年7月~)および会長(2021年6月~)をつとめています。恵泉女学園大学や聖心女子大学などで核軍縮と平和に関して非常勤で授業しています。

ピースボートへの思い

地球をぐるっと一周して日本に帰ってくると、本当に世界は丸くて一つなんだということを実感します。世界は変えられる。一歩踏み出そう。

注目しているピースボートの活動

グローバル9条キャンペーン
戦争を放棄し軍隊を持たないと定めた日本国憲法9条の理念を世界の人々に知ってもらい、広めていこうというキャンペーンです。
インターナショナル・スチューデント
紛争、貧困、環境問題をテーマにした洋上プログラムに世界各国の若者を招待し「地球市民」を育てます。
核廃絶
2017年にノーベル平和賞を受賞したICANの国際運営団体として、核兵器禁止条約にすべての国が加わることを求めて、提言・教育活動を展開しています。

プロフィール

出身地:
東京
趣味:
とくになし(仕事が趣味です)
リンク:
川崎哲のブログとノート

ピースボートをもっと詳しく

What’s PEACE BOAT
ABOUT
中田 実可子
中田 実可子
おりづるプロジェクトグローバルスクール子どもの家
言葉は、文化の「窓」!