船旅レポート

広島・長崎のメッセージを英語で世界に発信する「おりづるユース特使」が決まりました
2019/6/18

広島・長崎のメッセージを英語で世界に発信する「おりづるユース特使」が決まりました

広島出身の池田穂乃花(いけだ・ほのか)さんと小林美晴(こばやし・みはる)さんが、来たる8月の「日本一周クルーズ」(8月4日~23日)に「おりづるユース特使」として乗船することが決まりました。この2名の...
SDGsをどう実践するのか?香港青年協会リーダーシップインスティチュート主催のグローバルセミナーを行いました
2019/6/13

SDGsをどう実践するのか?香港青年協会リーダーシップインスティチュート主催のグローバルセミナーを行いました

2019年4月19日から25日の7日間、第101回ピースボート「地球一周の船旅」の大阪から香港の区間を利用して、香港青年協会リーダーシップインスティチュート主催のグローバルセミナーが行われました。この...
アジアの歴史・文化を学ぶ船旅~第11回日韓クルーズ「PEACE & GREEN BOAT2019」報告
2019/6/12

アジアの歴史・文化を学ぶ船旅~第11回日韓クルーズ「PEACE & GREEN BOAT2019」報告

日韓両国から参加者が1000人以上集まり、ともにアジアを旅したピースボートの日韓クルーズ「PEACE & GREEN BOAT2019」。2019年4月7日から4月18日まで、韓国の麗水(ヨス)、済州...
市民の取り組みで紛争を乗り越える―アイルランド「グレンクリー平和・和解センター」の活動
2019/5/20

市民の取り組みで紛争を乗り越える―アイルランド「グレンクリー平和・和解センター」の活動

ここでは、第99回ピースボート地球一周の船旅で訪れたアイルランドで実施された、「グレンクリー平和・和解センター」を訪ねるツアーを紹介します。

アイルランドでは1968年か...
【寄稿】2度目のおりづるユース、加害と被害の間で(おりづるユース:安藤真子さん)
2019/5/14

【寄稿】2度目のおりづるユース、加害と被害の間で(おりづるユース:安藤真子さん)

今回は、第99回ピースボート地球一周クルーズ(2018年9月出航)に、「おりづるユース」として乗船した安藤真子さんに寄稿いただきました。このクルーズでは、被爆者2名とユース1名(安藤さん)が、それぞれ...
気候変動を洋上で考える、ピースボート101回目の航海が出航しました!
2019/4/24

気候変動を洋上で考える、ピースボート101回目の航海が出航しました!

4月20日、第101回ピースボートが横浜大桟橋埠頭を出航しました。今回のクルーズでは、太平洋、インド洋、カリブ海の島嶼国出身の若者たちが「海洋と気候ユースアンバサダー」として乗船し、気候、海洋変動によ...
民主性と生活のための教育:デンマークの成人教育機関(フォルケホイスコーレ)運動
2019/4/24

民主性と生活のための教育:デンマークの成人教育機関(フォルケホイスコーレ)運動

ここでは、第98回ピースボート地球一周の船旅で訪れたデンマーク(コペンハーゲン)で行われたツアーを紹介します。

2018年6月28 日、船はコペンハーゲンに到着。参加者は...
核兵器の廃絶へ、思いを届ける・第100回ピースボートが神戸港に帰港しました
2019/4/3

核兵器の廃絶へ、思いを届ける・第100回ピースボートが神戸港に帰港しました

4月1日、第100回ピースボート地球一周の船旅が、96日間の旅を終え神戸港へ帰港しました。帰港記者会見ではクルーズで実施されたおりづるプロジェクトの報告が行われました。今回のクルーズでは、在ブラジル被...
バリのグリーンスクールから、もっとグリーンな世界へ
2019/3/28

バリのグリーンスクールから、もっとグリーンな世界へ

ここでは、第96回ピースボート・オセアニアクルーズで訪れたインドネシア(バリ島)で行われたツアーを紹介します。...
第99回ピースボートで「ガラパゴスの森再生プロジェクト」植林ツアーを実施しました
2019/3/25

第99回ピースボートで「ガラパゴスの森再生プロジェクト」植林ツアーを実施しました

第99回ピースボートにおいて、パナマのクリストバル港から本船を離れ、ガラパゴス諸島を訪れるツアーを行いました。5才から70代まで幅広い年代層の参加者26名と一緒にガラパゴス諸島に暮らす人々や動植物と出...
音楽を通して私たちはつながっている
ピーター・ヤーロウ
米国 / 歌手 / NPO「オペレーション・リスペクト...
もっと見る
ピーター・ヤーロウ
Rachel Armstrong
Rachel Armstrong
思慮深く、責任感ある市民の小さなグループに世界を変える力があることを、私は疑いません。そして、そんな市民たちこそが実際に世界を変えてきたのです” マーガレット・ミード