全てのニュース

3/19【世界を学ぼう】性教育後進国!?命を育む「性教育」を日本でももっと身近に
イベント
2021/2/9

3/19【世界を学ぼう】性教育後進国!?命を育む「性教育」を日本でももっと身近に

昨年、性教育に関する本が10冊以上出版され、性教育に関心が集まっています。日本の学習指導要領では、月経や射精については学んでも、セックスを取り扱わないことになっています。しかし、実際に子どもたちに接す...
あと4年 未来を守れるのは今!キャンペーンに加わりませんか?
INFO
2021/2/2

あと4年 未来を守れるのは今!キャンペーンに加わりませんか?

毎年のように起こる異常気象、そしてこれから地球はどうなっていくのでしょうか。私たちがいま普通に暮らしているこの瞬間も、地球の気温上昇はジリジリと加速しています。これまで長い間、科学者たちが警告してきた...
3/8【ピースボートの顔】お腹も心も満たせるように・關戸寿樹
イベント
2021/2/2

3/8【ピースボートの顔】お腹も心も満たせるように・關戸寿樹

今回ご紹介するスタッフは、元々調理師でもあった愛知県出身の關戸寿樹です。学生時代にスポーツインストラクターを目指していた彼は、進路を決める際に両親に諭され、調理師の学校に通うことに。就職先を選ぶ際には...
3/1【ピースボートの顔】社会と家族のいろいろなカタチ・岡田ちひろ
イベント
2021/2/1

3/1【ピースボートの顔】社会と家族のいろいろなカタチ・岡田ちひろ

今回は、名古屋のピースボートセンターで勤務している、スタッフ歴22年の岡田ちひろです。幼少期から両親が自営業を営み、自宅は店舗となっていたため、家に他人が出入りするのが当たり前という感覚で育った彼女。...
2/10【世界を学ぼう】原発事故から10年、避難者は今
イベント
2021/1/31

2/10【世界を学ぼう】原発事故から10年、避難者は今

2021年3月、福島原発事故から10年が経とうとしていますが、その被害の影響は今なお続いています。福島から避難をされた森松明希子さんもその一人です。森松さんは、2018年に原発事故被害者の基本的人権が...
2/15【ピースボートの顔】選択権はいつもその手に・和田有紀
イベント
2021/1/31

2/15【ピースボートの顔】選択権はいつもその手に・和田有紀

今回ご紹介するスタッフはピースボートセンターおおさかに勤務しているスタッフ7年目の和田有紀です。将来進みたい道が見つからない中で、母親に軽く勧められたことがきっかけで、高校を卒業してすぐピースボートに...
2/24【世界を学ぼう】ウチらの声で世界を変える~気候危機への挑戦
イベント
2021/1/24

2/24【世界を学ぼう】ウチらの声で世界を変える~気候危機への挑戦

米国では熱波による森林火災で、東京の約2倍の面積がたった7日で焼失。グリーンランドでは1960年に比べ6倍のスピードで氷が溶け、ベネチアでは過去50年で最悪の高潮が甚大な被害をもたらしました。そして今...
2/22【ピースボートの顔】おかえりなさいを言うために・渡辺望美
イベント
2021/1/22

2/22【ピースボートの顔】おかえりなさいを言うために・渡辺望美

今回は東京のピースボートセンターに勤務している、渡辺望美をご紹介します。中学までは優等生で、高校も厳しい両親の下で育てられてきました。しかし大学生活では一転、自分のやりたいことを見いだすことができず、...
2/20【世界を学ぼう】原発事故をどう伝えるか~チェルノブイリと福島
イベント
2021/1/20

2/20【世界を学ぼう】原発事故をどう伝えるか~チェルノブイリと福島

今年の3月に福島原発事故10年目を迎えます。その被害が未だに続く中、同じ悲劇を2度と繰り返さないため、その教訓を国内外に伝える必要があります。今回は原発事故について展示を行う福島県三春町のコミュタン福...
2/26【世界を学ぼう】「2050年 自然エネルギー100%」は可能だ
イベント
2021/1/18

2/26【世界を学ぼう】「2050年 自然エネルギー100%」は可能だ

2020年は新型コロナの影響を受け、世界的に社会経済のグリーンリカバリーが掲げられるようになりました。世界の専門家や実務家などは、その前提として自然エネルギーの持続的な普及拡大と2050年には自然エネ...
ピースボートはどこでもドア
四角大輔
執筆家/アーティストインキュベーダー
もっと見る
四角大輔
飯島 健
飯島 健
グローバルスクールパレスチナ・中東地球大学
自分や人の価値観を壊し、生き辛いと言われるこの国から自殺をなくすため、 迷える若者と共に船を出しています