全てのニュース

世界190カ国で被爆証言会:第16〜18回を開催しました(日本、米国、オーストラリア)
INFO
2021/6/8

世界190カ国で被爆証言会:第16〜18回を開催しました(日本、米国、オーストラリア)

2021年5月6日現在、20カ国で26回、累計2035人の方に証言を届けました。
被爆者に残された時間は限られています。私たちは今、なるべく多くの被爆者の方々に世界に向けて語っていただき...
7/12【ピースボートの顔】現場の声を届ける・井上綾乃
イベント
2021/6/5

7/12【ピースボートの顔】現場の声を届ける・井上綾乃

今回紹介するのは、ピースボート災害支援センター(PBV)に所属する神奈川県出身の井上綾乃です。親が転勤族だったため、様々な土地で出会いと別れをくり返してきた幼少期。福島県いわき市に住んでいたことや、学...
第16回エッセイ大賞の結果発表
INFO
2021/5/23

第16回エッセイ大賞の結果発表

第16回「旅と平和」エッセイ大賞では、以下の作品が入賞いたしました。審査委員による選評および、作品全文を掲載いたします。なお、今回の次点は審査員の間で意見が割れましたが、最終的に以下の3作品を受賞作品...
7/21【世界を学ぼう】グローカル~ニセコと南丹から見える世界
イベント
2021/5/22

7/21【世界を学ぼう】グローカル~ニセコと南丹から見える世界

気候危機や食糧問題などの世界的な課題を、自分たちの住む地域で解決するための取り組みが日本各地で行われています。ピースボートに関わる中で、気候変動への危機感やSDGsの重要性を学んだ寺地高志さんは、北海...
6/22【世界を学ぼう】ストップ気候危機!~宮城の若者から社会を変える
イベント
2021/5/22

6/22【世界を学ぼう】ストップ気候危機!~宮城の若者から社会を変える

世界的な気候危機という差し迫った問題に対して、自分たちの住む地域に焦点を当て活動しているグループFridays For Future Sendaiがあります。宮城県内の高校生、大学生が中心となり、年間...
6/21【ピースボートの顔】女子高生がたどり着いた船の舞台・立山朝日子
イベント
2021/5/21

6/21【ピースボートの顔】女子高生がたどり着いた船の舞台・立山朝日子

今回ご紹介するのは福岡県出身のピースボートスタッフ、立山朝日子です。小さな頃からとにかくまじめだった彼女の夢は、女優になることでした。母にも背中を押され、夢を叶えるために母と一緒に上京しますが、オーデ...
6/30【世界を学ぼう】大きな屋根に相乗り!自然エネルギーのまちづくり
イベント
2021/5/20

6/30【世界を学ぼう】大きな屋根に相乗り!自然エネルギーのまちづくり

2011年3月の福島原発事故後、多くの人々が自分たちの手で地域のエネルギーを作り始めました。その中の一人が長野県で活動する上田市民エネルギーの藤川まゆみさんです。活動を始めて、この10年間で長野県内に...
ノーベル平和賞メダルの全国出張を行っています
INFO
2021/5/20

ノーベル平和賞メダルの全国出張を行っています

2017年12月にノーベル平和賞が核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に授与されて以来、メダル(公式レプリカ)は全国そして全世界で多くの人々の目に触れてきました。
2018年8月には、...
緊急イベント「ミャンマー:軍政と戦う人々~その声を聞く」報告
INFO
2021/5/19

緊急イベント「ミャンマー:軍政と戦う人々~その声を聞く」報告

ミャンマーでは、2月1日に国軍がクーデターを起こし、抗議する市民に対して武力による激しい弾圧を行っています。ピースボートは4月10日に緊急のオンラインイベントを開催し、ミャンマーの現状や日本政府の関わ...
5/25 【特別イベント】入管法「改正」案は問題だらけ!~排除ではなく共生を〜
イベント
2021/5/18

5/25 【特別イベント】入管法「改正」案は問題だらけ!~排除ではなく共生を〜

2021年3月6日に名古屋出入国在留管理局の施設に収容されていたスリランカ女性のウィシュマ・サンダマリさんが亡くなったというニュースが流れました。以前から日本では、在留資格を持たない方が収容される施設...
ピースボートの共通言語は平和
アン・マエダ
甲南女子大学国際学部准教授
もっと見る
アン・マエダ
古川 敦子
古川 敦子
おりづるプロジェクト地球大学
いろんな人がいて、いろんな世界があることを知るのは面白いです。