全てのニュース

世界190カ国で被爆証言会:第1〜3回を開催しました(日本、マレーシア)
INFO
2020/12/15

世界190カ国で被爆証言会:第1〜3回を開催しました(日本、マレーシア)

ピースボートは2008年以来、広島・長崎の被爆者の皆さんと世界各地で証言をするおりづるプロジェクトを続けてきました。今年10月から「おりづるプロジェクト・オンライン」として、全世界190カ国でオンライ...
「第2回ピースボート・オンライン地球一周」を開催しました
2020/12/12

「第2回ピースボート・オンライン地球一周」を開催しました

2020年11月28日、2回目となるピースボート主催のオンライン地球一周イベントを開催しました。今回は新たな試みとしてチャリティチケットを販売し、ピースボートと繋がりのある世界の6団体に売り上げの一部...
クライメート・リアリティ世界同時アクションに2020年もピースボートが参加しました
INFO
2020/11/25

クライメート・リアリティ世界同時アクションに2020年もピースボートが参加しました

10月11日に、世界各国で気候変動のキャンペーンを同時多発的に行う「クライメート・リアリティ世界同時アクション(24 Hours of Reality)が開催されました。このアクションは、アル・ゴア元...
第2回オンライン地球一周まだ見られます!(12月20日まで)
2020/11/22

第2回オンライン地球一周まだ見られます!(12月20日まで)

世界各地をめぐりながら、たくさんの人と出会う。ゆっくりと大海原を進みながら、いろいろなことを考える。そんなピースボートの船旅の醍醐味がぎゅっと詰まった1日を、オンラインで体験しませんか。今回は新しい取...
12/21【ピースボートの顔】海無し県から碧い海の日常へ・山口友希
イベント
2020/11/21

12/21【ピースボートの顔】海無し県から碧い海の日常へ・山口友希

今回紹介するのは長野県出身のスタッフ、山口友希です。高校卒業後、家族の家計を支えるために日夜問わず仕事をしていた彼女は、兄弟の学費の援助が落ち着いた後に石垣島へ引っ越します。ダイビングをしながら3年間...
12/17【世界を学ぼう】フィリピンパブで働くということ~東京・マニラから同時中継~
イベント
2020/11/17

12/17【世界を学ぼう】フィリピンパブで働くということ~東京・マニラから同時中継~

これまでフィリピンから多くの女性が日本に働きに来ています。しかし、実際日本で働き始めると、月給が6万円ほど、毎月の休みは2回だけ、そして仕事以外の時間もブローカーに管理されるような環境に閉じ込められて...
12/14【ピースボートの顔】自分らしさ≠やりたいこと・富岡あゆみ
イベント
2020/11/14

12/14【ピースボートの顔】自分らしさ≠やりたいこと・富岡あゆみ

今回はピースボートセンターおおさかに勤務している富岡あゆみをご紹介します。10代後半から20代前半にかけて「自分らしさとは?」という問いに答えを見つけられず悩んでいた彼女。ピースボートへ乗船して1年く...
12/10【世界を学ぼう】難民とともに開く未来
イベント
2020/11/10

12/10【世界を学ぼう】難民とともに開く未来

みなさん、難民というとどのような人をイメージしますか?日本に難民として逃れて来た人たちの中には、大学を卒業し、その地域でエンジニアや起業家として仕事をしていた人も多くいますが、日本では才能や意欲を活か...
12/9【世界を学ぼう】オーストラリアの黒い霧~被ばくした先住民族
イベント
2020/11/9

12/9【世界を学ぼう】オーストラリアの黒い霧~被ばくした先住民族

「生きているうちに核兵器のない世界を実現したい」と訴え続けてきた広島・長崎の被爆者や、核実験・ウラン採掘などのヒバクシャがいます。彼らの努力の結晶とも言える「核兵器禁止条約」がとうとう来年2021年1...
『軍縮教育 ピースボートの方法論』が国連の本として出版されます
2020/11/2

『軍縮教育 ピースボートの方法論』が国連の本として出版されます

広島・長崎の被爆者や世界中の市民運動の努力の結果、2021年1月に核兵器禁止条約が発効する運びとなりました。ピースボートは、この条約の推進に、船旅を通じて貢献してきました。広島・長崎の被爆が各地で被爆...
楽しみながら新しい世界に出会う
イ・キホ
韓信大学「平和と公共性センター」局長・教養学...
もっと見る
イ・キホ
戸田 良明
戸田 良明
パレスチナ・中東ピースボールプロジェクト
勇気出して一歩踏み出したら、地球一周できました。