野平 晋作(ノヒラ シンサク)

野平 晋作
歴史認識の問題は現在の問題です。今と未来の平和を築くために、かつて日本が行った侵略や植民地支配を問題にして活動しています。

ピースボートでのお仕事

「慰安婦」問題、靖国問題、歴史教科書問題など主に歴史認識に関わる活動をしています。また、沖縄を中心に在日米軍基地の問題にも関わっています。イラク戦争の検証を求めるネットワークにも参加しています。脱原発の活動もしています。活動のテーマは多岐に及んでいますが、「いくら何でもこんなヒドイことはあってはならない」と自分が思ったことを解決するために活動しています。

ピースボートへの思い

ピースボートの船旅って、大きな意味でスタディツアーだと思うのですが、「勉強になりました」では済まされないことがあるんだということが分かりました。たとえば、日本軍「慰安婦」にされたおばあちゃんの証言を何度か聞いたことがあります。日本政府に謝罪と補償を求めていていることが分かりました。いったん話を聞いたからには、自分も何か行動しなければ彼女たちの悲痛な証言を「消費」してしまうだけになってしまうと思うようになりました。
ピースボートの魅力は色んな人に出会えること。学校の友人や職場の同僚といった枠を越えて、まったく背景の異なる人たちと友だちになれます。そのうち数名は一生の友人になれると思います。お金、時間、帰国後の生活の保障など、乗ることができない理由を考えだしたら切りがありません。地球一周なんて、どこか勢いで決めなきゃ決められません。お金と時間をかけた分、何かを得るかどうかはアナタの過ごし方次第です。「地球一周する」と決めた瞬間からその一歩が始まっています。後の後悔より今すぐ航海です!

注目しているピースボートの活動

歴史と和解
ピースボートが設立当初からこだわってきた、歴史に学び、未来の平和を築くための交流と対話の場を築く取り組みです。
OKINAWA
沖縄では、さまざまな問題をもたらす基地問題の現状を変えるために、多様な働きかけを行っています。
脱原発
福島原発事故の教訓を活かし、持続可能な社会をつくるため、国内外でネットワークを築き、さまざまなアクションを行っています。

プロフィール

出身地:
鹿児島
趣味:
バードウォッチング ピアノとギターの弾き語り(哀しい可笑しい替え歌)

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
林 陽子
林 陽子
時には辛くなることもあるくらい、真っ向勝負が出来る場所です。