塚越 都(ツカゴシ ミヤコ)

塚越 都
僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる(高村光太郎)

ピースボートでのお仕事

船の洋上講師である水先案内人の担当と、ラテンアメリカ、特にベネズエラの担当をしています。またプロジェクトでは、原発から再生可能な社会へのシフトや基地のない社会を目指す活動を行っています。中央の一部の人にお金や権力を与えて、管理されるような中央集権型ではなく、地域などでエネルギーや食べ物を確保できる地域独立型の暮らしがいいと思いますので、その実現を目指して日々勉強中です。

ピースボートへの思い

一人一人の能力が最大限に発揮されるのが船の上です。人に必要とされることによって自分に自信が持てるようになりました。また、他人を認める、ジャッジしないという当たり前のようでなかなか難しいルールを共同生活の中で学びました。屋根のある家に住んで、食べ物に困らない人は、世界的に見たらお金持ちです。しかし貧しいと言われる国へ訪れると、逆に勇気や元気をもらえるのはなぜか。船上のたっぷりある時間で、訪れる国について学び、実際に現地の人と交流することにより自分の世界観が変わることでしょう。日本人という枠を越えて、地球人へ。

注目しているピースボートの活動

脱原発
福島原発事故の教訓を活かし、持続可能な社会をつくるため、国内外でネットワークを築き、さまざまなアクションを行っています。
OKINAWA
沖縄では、さまざまな問題をもたらす基地問題の現状を変えるために、多様な働きかけを行っています。
UPA国際協力プロジェクト
誰でもできる国際協力プロジェクト。さまざまな支援物資を世界中に届け、人々の新しいつながりをつくっていきます。

プロフィール

出身地:
群馬県
趣味:
料理、スペイン語、手仕事、自然の中で過ごすこと

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
Maria Perez
Maria Perez
おりづるプロジェクト災害救援と防災インターナショナル・スチューデント
仕事を通して出会う方々にはいつも刺激ややる気を与えられています。ピースボートは想像を超える素晴らしい経験です。