全てのレポート

4/26 あなたは「難民」を知っていますか?
イベント
2017/3/13

4/26 あなたは「難民」を知っていますか?

2015年9月、一枚の写真に世界は衝撃を受けました。トルコのビーチで、赤いTシャツと短パン姿で波打ち際にうつぶせに横たわる子 どもの遺体。シリア難民のアイランちゃんの姿を通して、多くの人が難民のおか ...
「世界一貧しい大統領」と呼ばれるホセ・ムヒカさんがピースボートに乗船しました!
2017/2/10

「世界一貧しい大統領」と呼ばれるホセ・ムヒカさんがピースボートに乗船しました!

2017年1月25日、モンテビデオに寄港した93回ピースボート地球一周の船旅を歓迎するため、ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領が港を訪れ乗船されました。 ムヒカ前大統領は、2012年にブラジル・リオデジ...
2/22 ちょっと待ったトランプさん!世界の合意は誰のため? ー SDGsに向けて日本にいる私たちにできること
イベント
2017/2/2

2/22 ちょっと待ったトランプさん!世界の合意は誰のため? ー SDGsに向けて日本にいる私たちにできること

「SDGs(持続可能な開発目標)」を知っていますか?2015年9月に国連で採択された世界共通の目標です。合い言葉は「誰一人取り残さない」。2030年をゴールに貧困や環境問題へ国を超えて取り組み、持続可...
2/17 キベラスラムから命の輝き~希望を生み出すみんなの学校~
イベント
2017/2/1

2/17 キベラスラムから命の輝き~希望を生み出すみんなの学校~

ケニアには、「キベラ・スラム」という東アフリカ最大のスラム街があります。地方での生活が困難になった貧困者が、出稼ぎにきて住み着いた貧しい町です。人口250万人とも言われるこのスラム街の人口は、約半分以...
2/8 ブラックバイトと闘う〜労働現場からみる「世界」の今
イベント
2017/1/22

2/8 ブラックバイトと闘う〜労働現場からみる「世界」の今

「辞めたいけど辞めさせてもらえない」「辞めるなら損害賠償を請求する」など、若者を取り巻く雇用環境では「ブラックバイト」という言葉が一般化し、厚生労働省が調査に乗り出すなど社会問題になっています。一方、...
モロッコで開催されたCOP22で、ピースボートが活動を紹介しました
INFO
2017/1/16

モロッコで開催されたCOP22で、ピースボートが活動を紹介しました

ピースボートは2016年11月、モロッコのマラケシュで開催された気候変動枠組条約締約国会議(COP22)に参加しました。ピースボートはサイド・イベントや記者会見で、国連が定めた持続可能な開発目標(SD...
南アフリカ HIV/AIDSとの闘いー冨田沓子さん、ドゥドゥジレ・ンカビンデさんが挑む
2017/1/11

南アフリカ HIV/AIDSとの闘いー冨田沓子さん、ドゥドゥジレ・ンカビンデさんが挑む

ここでは、第90回ピースボート地球一周の船旅に乗船した水先案内人、冨田沓子さんとドゥドゥジレ・ンカビンデさんの様子をご紹介します。お二人は、日本国際ボランティアセンター(JVC)の南アフリカ・プロジェ...
2/15 フェアトレードのお買いもので世界を変える!人に地球にやさしいライフスタイル
イベント
2017/1/9

2/15 フェアトレードのお買いもので世界を変える!人に地球にやさしいライフスタイル

私たちの生活は、たくさんの人とのつながりにより成り立っています。あなたの着ているセーター、おやつのチョコレート。原材料から自分で作る代わりに、お金を支払って製品を購入します。グローバル経済が進んだ今、...
国連と共催で、SDGsを広める船上フェスティバルを開催しました -ニューヨーク報告
2016/12/26

国連と共催で、SDGsを広める船上フェスティバルを開催しました -ニューヨーク報告

第92回ピースボートが10月20日と21日にニューヨークに寄港し、20日の夜にはピースボートと国連広報局(DPI)が共催で、SDGs(持続可能な開発のための17の目標)をテーマに、「持続可能な世界をめ...
1/10 鹿児島のヒッピー、テンダーさんの電力自給のお話
イベント
2016/12/15

1/10 鹿児島のヒッピー、テンダーさんの電力自給のお話

鹿児島県で電気・水道・ガスを契約せず、年間家賃1万円の家に暮らす小崎悠太(通称:テンダー)さん。電気は自給し、水道は山水からひいてくるなど、"生きるための術"を身につけたテンダーさん。狩猟・解体、電気...
活動について
PROJECTS