全てのレポート

6/25【オンライン勉強会】ルワンダで私が聴いたストーリー〜大虐殺から和解へ〜
イベント
2020/6/3

6/25【オンライン勉強会】ルワンダで私が聴いたストーリー〜大虐殺から和解へ〜

1994年、東アフリカのルワンダでは大虐殺が行われ、80万人以上の命が奪われました。当時、隣人として共に生活していた知り合いから命を狙われた人々が、今はまた加害者と隣人として生活しています。ルワンダの...
5/28,6/1,9【オンライン勉強会】ドイツに学ぶ歴史の継承~バーチャルツアーへようこそ
イベント
2020/5/21

5/28,6/1,9【オンライン勉強会】ドイツに学ぶ歴史の継承~バーチャルツアーへようこそ

歴史を記憶し、継承していくこととは、具体的にどんなことでしょうか?かつて起きたことは、今の私たちとどのような関係があるのでしょうか?時として、なぜ苦しい過去と向き合う必要があるのでしょうか。ドイツには...
過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました
2020/2/20

過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました

第102回ピースボートでは、ドイツのチュービンゲン大学の学生がグリーノック(スコットランド)からマルセイユ(フランス)間で乗船し、平和教育プログラムを実施しました。このプログラムは、2005年から始ま...
先住民族の視点から見るブリスベン(第101回ピースボート・オーストラリア)
2019/12/12

先住民族の視点から見るブリスベン(第101回ピースボート・オーストラリア)

ここでは、第101回ピースボート地球一周の船旅で訪れたブリスベン(オーストラリア)で行われたツアーを紹介します。雲一つない青空の下、オーシャンドリーム号はオーストラリア第3の都市ブリスベンに入港しまし...
12/4【東京】敵から隣人にもどるまで〜ルワンダの虐殺と和解から学べること~
イベント
2019/10/18

12/4【東京】敵から隣人にもどるまで〜ルワンダの虐殺と和解から学べること~

80万人以上の命が奪われたルワンダ大虐殺から今年で25年。それまで隣人として共に生活していた知り合いから命を狙われる、そのようなルワンダの虐殺の歴史から、ルワンダの人々はどのように和解の道を歩んできた...
10/23【東京】 近くて遠い日本と韓国 ~日韓関係から考える共生と和解~
イベント
2019/9/20

10/23【東京】 近くて遠い日本と韓国 ~日韓関係から考える共生と和解~

早稲田大学教授の金敬黙さんは、大学で平和論や地球市民社会論を教えるかたわら、ピースボートの平和教育プログラムに関わるなど「現場型の平和教育」の大切さについて発信してきました。 東京とソウルで生ま...
市民の取り組みで紛争を乗り越える―アイルランド「グレンクリー平和・和解センター」の活動
2019/5/20

市民の取り組みで紛争を乗り越える―アイルランド「グレンクリー平和・和解センター」の活動

ここでは、第99回ピースボート地球一周の船旅で訪れたアイルランドで実施された、「グレンクリー平和・和解センター」を訪ねるツアーを紹介します。 アイルランドでは1968年から30年にわたって、カト...
3.1独立運動100周年のキャンドル集会を行いました
INFO
2019/3/14

3.1独立運動100周年のキャンドル集会を行いました

2019年3月1日は、日本に植民地支配をされた朝鮮半島で起きた抵抗運動「3・1独立運動」からちょうど100年にあたる記念日でした。この日、ピースボートは多数の市民団体とともに、東京の新宿アルタ前でリレ...
2/6【東京】超入門!ホントに解決済みなの?徴用工問題
イベント
2019/1/23

2/6【東京】超入門!ホントに解決済みなの?徴用工問題

日本はかつて朝鮮半島を植民地にし、現地の人々を日本国内で働かせていました。彼らのことを「徴用工(ちょうようこう)」といいます。昨年10月末、韓国の最高裁判所は、日本企業が元徴用工の人たちへ賠償するよう...
3・1朝鮮独立運動100周年に、日本から応答する『2019年3・1百字宣言』を募集します
INFO
2019/1/17

3・1朝鮮独立運動100周年に、日本から応答する『2019年3・1百字宣言』を募集します

1919年3月1日、朝鮮ソウルである宣言書が発表されました。この日以降、植民地支配を続けようとする日本の警察と軍隊によって押さえつけられるまで、朝鮮独立を求める人びとは示威行動を繰り広げました。この3...
ピースボートの活動
PROJECTS