日韓和解と平和のプラットフォームが発足しました

プロジェクト:歴史と和解
日韓和解と平和のプラットフォームが発足しました2020年7月2日に開かれた日韓和解と平和プラットフォーム発足式の様子。日本からはオンラインで参加
日本と韓国の市民団体や宗教界が、歴史の和解と平和的な両国関係の模索のために新しく「日韓和解と平和プラットフォーム」を作りました。その発足式が7月2日、ソウルの韓国キリスト教会館と東京をネットでつなぐ形で行われ、ピースボートからは野平晋作が参加しました。野平は、日本カトリック正義と平和協議会の光延一郎さんらとともに、このプラットフォームの日本側の共同代表の一人に就任しました。
発足式には約50人が参加し、徴用工問題などで日韓両国の対立が高まるなか、両国の歴史を記憶して歴史の犠牲者の傷を癒やし、朝鮮半島の非核化と平和のプロセスを進め、日本の平和憲法を維持していくために活動していくことに合意しました。

このプラットフォームの発足について、以下の通り日韓両国で報道されています。

聯合ニュース 2020.7.2 「韓日の市民団体・宗教界が新たな関係模索へ 歴史の傷癒す」
朝日新聞 2020.7.3 「『日韓和解を』団体が発足」

発足宣言文

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS