この活動について

核廃絶ICANのロゴを掲げて出航した第96回ピースボート(2018年1月)
ピースボートは、2017年にノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営団体です。世界中のNGOや核兵器の被害者たちと共に、核兵器禁止条約を通じた核兵器の廃絶を求める活動を続けています。

核兵器は、甚大な甚大な被害をもたらすだけでなく、その後も長く続く放射能被害を広める非人道的な大量破壊兵器です。2017年に国連で採択された核兵器禁止条約への署名・批准を各国に求める働きかけや、東北アジアに非核地帯をつくるための活動、そして国際NGOである「平和首長会議」と連携して、ピースボートの船で訪れた都市の首長から、核廃絶に賛同する署名を集めてきました。また教育面では、核廃絶をはじめとする軍縮のための教育活動を行っています。

ピースボートは、日本国内では核兵器廃絶日本NGO連絡会の一員としても活発に活動しています。

あゆみ

核廃絶
核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は、2007年にオーストラリア・メルボルンで立ち上がったNGOの連合体です。ピースボートは、2010年からICANに参加しています。ピースボートは2008年に「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」(おりづるプロジェクト)を開始し、核兵器廃絶のための活動を本格化させました。2009~10年にはピースボートの川崎哲が日豪両政府による「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」のNGOアドバイザーをICAN創設者のティルマン・ラフ氏と共につとめました。こうしたことがきっかけとなり、ピースボートはICANに加わりました。以来、ICANにおいて川崎哲は2012~14年に共同代表、14年から現在まで国際運営委員をつとめています。

関連リンク

協力団体

ピースボートの活動
PROJECTS