おすすめレポート

ノーベル平和賞メダルの全国出張を行っています
INFO
2021/5/20

ノーベル平和賞メダルの全国出張を行っています

2017年12月にノーベル平和賞が核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に授与されて以来、メダル(公式レプリカ)は全国そして全世界で多くの人々の目に触れてきました。 2018年8月には、広島の平和記...
核兵器禁止条約、日本も批准に向けた議論を――活動の広がりが報じられています
INFO
2021/5/1

核兵器禁止条約、日本も批准に向けた議論を――活動の広がりが報じられています

今年1月22日に核兵器禁止条約が発効したことを受け、ピースボートは国内外のNGOと連携して、日本もこの条約に加わるよう政府や国会議員への働きかけを強めています。これまで5年間にわたり世界中から集めてき...
核兵器禁止条約が発効!被爆国市民の取り組みが大きく報道されました
INFO
2021/3/6

核兵器禁止条約が発効!被爆国市民の取り組みが大きく報道されました

1月22日、核兵器禁止条約が発効しました。核兵器の開発、保有、使用を含む一切を全面的に禁止する国際法ができたことで、核兵器のない世界への歴史的な扉が開かれました。ピースボートは核兵器廃絶国際キャンペー...
2/12 与野党の国会議員を招いて核兵器禁止条約について討論会を行います
INFO
2021/2/12

2/12 与野党の国会議員を招いて核兵器禁止条約について討論会を行います

核兵器禁止条約が先月発効しましたが、唯一の戦争被爆国である日本の政府は条約に背を向けたままです。日本はこのままでよいのか。政策を転換して、核兵器廃絶へリーダーシップを発揮すべきではないか。2月12日、...
核なき世界へスタート!――1月22日の核兵器禁止条約発効に合わせてアクションします
INFO
2021/1/12

核なき世界へスタート!――1月22日の核兵器禁止条約発効に合わせてアクションします

1月22日、核兵器禁止条約が発効します。核兵器がついに違法化されるのです。広島・長崎の被爆者や世界の核実験被害者の方々が「こんな苦しみをくり返してはならない」と訴え続けてきたことが、国際法として結実し...
「日本も入ろう核兵器禁止条約」~活動が広がりメディアに報じられています
INFO
2020/12/30

「日本も入ろう核兵器禁止条約」~活動が広がりメディアに報じられています

核兵器禁止条約の来年1月22日の発効が確定したことを受け、ピースボートは11月3日、NPO「ANT-Hiroshima」および平和首長会議との共催で「核兵器禁止条約と市民社会の果たす役割」と題するシン...
「核禁おめでとう!」条約発効の意義について多くのメディアで報道されました
INFO
2020/11/15

「核禁おめでとう!」条約発効の意義について多くのメディアで報道されました

10月24日、ホンジュラスが核兵器禁止条約の批准書を国連に寄託したことにより、同条約の批准国は50に達し、条約が来年1月22日に発効することが確定しました。これを祝って国内外でさまざまな動きが起こりま...
核兵器禁止条約の発効確定を祝してピースボートより声明を出しました
INFO
2020/10/25

核兵器禁止条約の発効確定を祝してピースボートより声明を出しました

2020年10月24日(ニューヨーク時間)、国連憲章発効75周年のこの日に核兵器禁止条約は発効に必要な50か国の批准に達しました。90日後、2021年1月22日に核兵器禁止条約は発効します。この発行確...
被爆75年、未来のグローバルリーダーを目指して世界の若者が学びました~広島−ICANアカデミー2020
INFO
2020/9/24

被爆75年、未来のグローバルリーダーを目指して世界の若者が学びました~広島−ICANアカデミー2020

広島・長崎に原爆が落とされてから75年の今年、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)と広島県は、昨年に続き「核兵器と安全保障を学ぶ広島-ICANアカデミー2020」(2020年7月13日~8月6日)を...
被爆75年の広島・長崎からオンラインで核廃絶を世界に訴えました
INFO
2020/9/8

被爆75年の広島・長崎からオンラインで核廃絶を世界に訴えました

この8月で広島・長崎への原爆投下から75年が経ちました。「生きているうちに核廃絶を」と訴えてこられた被爆者の皆さんの平均年齢は83歳をこえました。いま核保有国は新たな軍拡競争に走り世界の核の脅威は高ま...
活動について
PROJECTS