全てのニュース

世界190カ国で被爆証言会:第31〜33回を開催しました(レバノン、ジョージア、ドイツ)
INFO
2021/9/24

世界190カ国で被爆証言会:第31〜33回を開催しました(レバノン、ジョージア、ドイツ)

2021年9月21日現在、38カ国で42回、累計2984人の方に証言を届けました。
被爆者に残された時間は限られています。私たちは今、なるべく多くの被爆者の方々に世界に向けて語っていただ...
過去とどう向き合うのか:チュービンゲン大学の学生の記録
2021/9/24

過去とどう向き合うのか:チュービンゲン大学の学生の記録

ピースボートの船旅では、2005年から、ドイツのチュービンゲン大学とベルクホフ財団の提携の元で、平和教育プログラムを行っています。

この記事は、ピースボート第102回地球...
11/11「幸せなら手をたたこう」誕生秘話
イベント
2021/9/22

11/11「幸せなら手をたたこう」誕生秘話

「幸せなら手をたたこう」。1959年に誕生したこの歌は、多くの人に愛され、歌い継がれています。スペイン民謡のメロディに歌詞をつけたのは、当時大学院生だった木村利人さんです。きっかけは、国際ボランティア...
緊急イベント「混迷のアフガニスタン~「対テロ戦争」とは何だったのか?」報告
INFO
2021/9/22

緊急イベント「混迷のアフガニスタン~「対テロ戦争」とは何だったのか?」報告

9月20日、ピースボートは混乱が続くアフガニスタンについて考えるオンラインイベントを、緊急開催しました。ゲストスピーカーは、それぞれアフガニスタンに長く関わっている谷山博史さん、アン・ライトさん、清末...
10/18【ピースボートの顔】15年 世界に声を届けて見えたもの・メリ・ジョイス
イベント
2021/9/21

10/18【ピースボートの顔】15年 世界に声を届けて見えたもの・メリ・ジョイス

今回ご紹介するスタッフは、オーストラリア出身のメリ・ジョイスです。姉の留学をきっかけに、海外に興味を持った彼女は、高校生の交換留学制度で日本に渡ります。その後、本格的に日本のことを学ぶために、日本の大...
10/4【ピースボートの顔】言語を通してハートをつなぐ・アドリアン・ゴディネズ
イベント
2021/9/21

10/4【ピースボートの顔】言語を通してハートをつなぐ・アドリアン・ゴディネズ

今回はメキシコ出身のアドリアン・ゴディネズをご紹介します。学生時代に日本語を学ぶことに魅了された彼は、通常課程を半分の期間で修了します。そして、年に1人だけの交換留学生の枠に応募し、みごと日本へ留学す...
9/29【世界を学ぼう】「もしも」の日に備えて〜避難所での健康を考える〜
イベント
2021/9/20

9/29【世界を学ぼう】「もしも」の日に備えて〜避難所での健康を考える〜

近年、日本国内では自然災害が頻発するようになり、自治体による避難指示の呼びかけも早まってきました。そして、避難した先の避難所では多くの人が同じ空間で衣食住をともにすることとなります。また、避難所はただ...
10/6【世界を学ぼう】そうだ、平和ミュージアムへいこう
イベント
2021/9/20

10/6【世界を学ぼう】そうだ、平和ミュージアムへいこう

みなさんが考える平和とはどのようなものですか。世界には平和について考える機会を提供する博物館が多くありますが、その展示方法、内容は様々です。例えば、国や自治体などが支援している博物館には、戦争関連に焦...
10/13【世界を学ぼう】「なるぴ」ってなんだ?〜アジアの平和を作る人びと〜
イベント
2021/9/20

10/13【世界を学ぼう】「なるぴ」ってなんだ?〜アジアの平和を作る人びと〜

東北アジアの平和のために行動している人たちがいます。日本、朝鮮半島、台湾、中国、モンゴル、東ロシアのNGOが、2010年に設立した「東北アジア平和構築インスティテュート(NARPI)」に参加した人々で...
11/10【世界を学ぼう】イギリスの女性解放運動とベーシックインカム
イベント
2021/9/20

11/10【世界を学ぼう】イギリスの女性解放運動とベーシックインカム

コロナによる影響が続く中、「政府によるすべての人への無条件で一定の額のお金を給付する」制度、ベーシックインカムについての議論、実験についての報道が世界各地で取り上げられるようになってきました。...
『もうひとつの道』を共に歩もう
辻信一
文化人類学者
もっと見る
辻信一
合田 茂広
合田 茂広
災害救援と防災福島子どもプロジェクトピースボールプロジェクト
ピースボートは、世界と人の可能性を知れる場所。遠慮せず、飛躍してみてください。