イベント・募集

【支援物資募集】第102回ピースボートで訪れる国々に届けます(7月12日必着)
募集
2019/4/25

【支援物資募集】第102回ピースボートで訪れる国々に届けます(7月12日必着)

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、個人、企業、自治体から提供いただいた物資を世界各地へ直接届け、「顔の見える支援」を行っています。また、各国のNGOや市民団体との連携・自立を促す活動を続けて...
6/5【東京】ソーシャルグッドな明かりを灯す〜ボヤージ・オブ・ライトの取り組み〜
イベント
2019/4/24

6/5【東京】ソーシャルグッドな明かりを灯す〜ボヤージ・オブ・ライトの取り組み〜

世界ではいまだ10億人以上が電気のない状態で生活を送っている中、新しいアイディアで暮らしを変えていく人々がいます。フィリピンのNGO「リッターオブライト」もそのひとつ。比較的手に入りやすいペットボトル...
5/22『テレビやネットでは語られない、ベネズエラのいま』~駐日ベネズエラ大使を迎えて~
イベント
2019/4/15

5/22『テレビやネットでは語られない、ベネズエラのいま』~駐日ベネズエラ大使を迎えて~

4月30日、南米ベネズエラで「クーデター」勃発というニュースが世界を駆けめぐりました。呼びかけたのは、マドゥロ大統領に反抗し、今年1月に「暫定大統領」を名乗り出たフアン・グアイド国会議長。市民、兵士に...
5/15【東京】難民が活躍する社会をつくる~日本の難民の現状と可能性~
イベント
2019/4/7

5/15【東京】難民が活躍する社会をつくる~日本の難民の現状と可能性~

紛争、弾圧、治安悪化などから、祖国を逃れざるを得ない難民の数は世界で6000万人超。希望をかけて逃れてきた先の日本でも追い込まれ、「爆弾は降ってこない。でも人間として生きている心地がしない」「自分は役...
5/9【大阪】障害と在日を抱えて伝えるメロディ~過去の経験は未来へのGIFTへとかわる~
イベント
2019/4/1

5/9【大阪】障害と在日を抱えて伝えるメロディ~過去の経験は未来へのGIFTへとかわる~

大阪を拠点に活動してきたロックバンド「おかん」のギタリストであるYOUさんは、口唇口蓋裂という障害と在日コリアンというルーツを持って生まれました。幼少期には周りと違う事でいじめに遭い、自尊心を失ったこ...
5/8【東京】「限界集落」で世界を周る~農家が見つけた旅のカタチ~
イベント
2019/3/20

5/8【東京】「限界集落」で世界を周る~農家が見つけた旅のカタチ~

いま、世界各地で「土地収奪」が起きています。食料を輸入に頼る国の企業が、貧困国の肥沃な土地を大規模に購入し、土地を奪われた地域の人々が、より深刻な貧困や飢餓に苦しんでいます。「世界から飢餓をなくしたい...
4/5【東京】ブラジルに生きるヒバクシャ〜在ブラジル被爆者の渡辺淳子さんを迎えて〜
イベント
2019/3/19

4/5【東京】ブラジルに生きるヒバクシャ〜在ブラジル被爆者の渡辺淳子さんを迎えて〜

第100回ピースボートの船旅に乗船された渡辺淳子さんは、ブラジルに住む被爆者です。1950年代にブラジルに移り住んだ多くの日本人の一人です。

渡辺さんは、被爆者である仲間...
4/3【広島】ブラジルに生きるヒバクシャ〜在ブラジル被爆者の渡辺淳子さんを迎えて〜
イベント
2019/3/19

4/3【広島】ブラジルに生きるヒバクシャ〜在ブラジル被爆者の渡辺淳子さんを迎えて〜

第100回ピースボートの船旅に乗船された渡辺淳子さんは、ブラジルに住む被爆者です。1950年代にブラジルに移り住んだ多くの日本人の一人です。

渡辺さんは、被爆者である仲間...
4/10【東京】ネパール大地震から4年 ~夢見る子どもたちと、私にできること~
イベント
2019/3/3

4/10【東京】ネパール大地震から4年 ~夢見る子どもたちと、私にできること~

2015年4月、ネパール大地震により、家も学校も崩れ、大切な人を失った子どもたち。学校に行きたくても、「女の子だから」「身分が決まっているから」という社会の差別や偏見に直面し、二重の苦しみを経験してい...
3/27【東京】「アニマルウェルフェア」って何?~檻の中で過ごす鶏の一生~
イベント
2019/2/23

3/27【東京】「アニマルウェルフェア」って何?~檻の中で過ごす鶏の一生~

世界第3位の「卵消費大国」である日本では、1年間で一人あたり300個以上の卵を食べています。卵は私たちにとってとても身近な食材ですが、この卵を生む鶏がどのように飼育されているか知っていますか?これらの...
世界一周は、自分自身の脱皮のための旅
湯浅 誠
反貧困ネットワーク事務局長
もっと見る
湯浅 誠
小林 深吾
小林 深吾
地球大学災害救援と防災核廃絶
世界が少しでも、よりよくなるように。目の前の人を大切にしながら、柔らかく生きたい