イベント・募集

1/27加害の歴史と向き合う~ドイツに学べるか~
イベント
2021/1/6

1/27加害の歴史と向き合う~ドイツに学べるか~

1月27日は1945年にアウシュビッツ強制収容所が解放された日です。ナチスドイツにより迫害、虐殺されたユダヤ人、ロマ、障害者、同性愛者などマイノリティの人々の犠牲を記憶し、憎悪、敵対感情、人種差別、偏...
2/10【世界を学ぼう】原発事故から10年、避難者は今
イベント
2021/1/5

2/10【世界を学ぼう】原発事故から10年、避難者は今

2021年3月、福島原発事故から10年が経とうとしていますが、その被害の影響は今なお続いています。福島から避難をされた森松明希子さんもその一人です。森松さんは、2018年に原発事故被害者の基本的人権が...
2/20【世界を学ぼう】原発事故をどう伝えるか~チェルノブイリと福島
イベント
2020/12/26

2/20【世界を学ぼう】原発事故をどう伝えるか~チェルノブイリと福島

今年の3月に福島原発事故10年目を迎えます。その被害が未だに続く中、同じ悲劇を2度と繰り返さないため、その教訓を国内外に伝える必要があります。今回は原発事故について展示を行う福島県三春町のコミュタン福...
12/21【ピースボートの顔】海無し県から碧い海の日常へ・山口友希
イベント
2020/11/21

12/21【ピースボートの顔】海無し県から碧い海の日常へ・山口友希

今回紹介するのは長野県出身のスタッフ、山口友希です。高校卒業後、家族の家計を支えるために日夜問わず仕事をしていた彼女は、兄弟の学費の援助が落ち着いた後に石垣島へ引っ越します。ダイビングをしながら3年間...
12/17【世界を学ぼう】フィリピンパブで働くということ~東京・マニラから同時中継~
イベント
2020/11/17

12/17【世界を学ぼう】フィリピンパブで働くということ~東京・マニラから同時中継~

これまでフィリピンから多くの女性が日本に働きに来ています。しかし、実際日本で働き始めると、月給が6万円ほど、毎月の休みは2回だけ、そして仕事以外の時間もブローカーに管理されるような環境に閉じ込められて...
12/14【ピースボートの顔】自分らしさ≠やりたいこと・富岡あゆみ
イベント
2020/11/14

12/14【ピースボートの顔】自分らしさ≠やりたいこと・富岡あゆみ

今回はピースボートセンターおおさかに勤務している富岡あゆみをご紹介します。10代後半から20代前半にかけて「自分らしさとは?」という問いに答えを見つけられず悩んでいた彼女。ピースボートへ乗船して1年く...
12/10【世界を学ぼう】難民とともに開く未来
イベント
2020/11/10

12/10【世界を学ぼう】難民とともに開く未来

みなさん、難民というとどのような人をイメージしますか?日本に難民として逃れて来た人たちの中には、大学を卒業し、その地域でエンジニアや起業家として仕事をしていた人も多くいますが、日本では才能や意欲を活か...
12/9【世界を学ぼう】オーストラリアの黒い霧~被ばくした先住民族
イベント
2020/11/9

12/9【世界を学ぼう】オーストラリアの黒い霧~被ばくした先住民族

「生きているうちに核兵器のない世界を実現したい」と訴え続けてきた広島・長崎の被爆者や、核実験・ウラン採掘などのヒバクシャがいます。彼らの努力の結晶とも言える「核兵器禁止条約」がとうとう来年2021年1...
12/07【ピースボートの顔】コロナ禍だからこそ踏み出す勇気を・菊地純平
イベント
2020/11/1

12/07【ピースボートの顔】コロナ禍だからこそ踏み出す勇気を・菊地純平

今回ご紹介するスタッフは元自衛隊隊員でもあった栃木県出身のスタッフ、菊地純平です。仕事を辞めたタイミングでピースボートと出会い、厳しい規則の中での集団生活の反動で、自由に世界を見て周れることに魅力を感...
11/24【ピースボートの顔】転機をもたらす恋心・篠原雅彦
イベント
2020/10/17

11/24【ピースボートの顔】転機をもたらす恋心・篠原雅彦

今回はピースボートで10年勤務している篠原雅彦をご紹介します。中学時代まで充実した人生を過ごしていた彼は、失恋をきっかけに生きる活力を失い、さらに高校時代に両親とすれ違ったことで家出を経験。半年以上ホ...
船は、世界と出会い、行動をはじめるきっかけ
土井 香苗
弁護士 / 国際「NGOヒューマン・ライツ・ウォッ...
もっと見る
土井 香苗
磯部 弥一良
磯部 弥一良
UPA国際協力プロジェクトグローバルスクール平和交響曲
旅をすることは失うものが多い。いままでの価値観もこれからの生き方も変わる。それが旅で得ることでもある。