活動レポート

気候変動を洋上で考える、ピースボート101回目の航海が出航しました!
2019/4/24

気候変動を洋上で考える、ピースボート101回目の航海が出航しました!

4月20日、第101回ピースボートが横浜大桟橋埠頭を出航しました。今回のクルーズでは、太平洋、インド洋、カリブ海の島嶼国出身の若者たちが「海洋と気候ユースアンバサダー」として乗船し、気候、海洋変動によ...
民主性と生活のための教育:デンマークの成人教育機関(フォルケホイスコーレ)運動
2019/4/24

民主性と生活のための教育:デンマークの成人教育機関(フォルケホイスコーレ)運動

ここでは、第98回ピースボート地球一周の船旅で訪れたデンマーク(コペンハーゲン)で行われたツアーを紹介します。

2018年6月28 日、船はコペンハーゲンに到着。参加者は...
核兵器の廃絶へ、思いを届ける・第100回ピースボートが神戸港に帰港しました
2019/4/3

核兵器の廃絶へ、思いを届ける・第100回ピースボートが神戸港に帰港しました

4月1日、第100回ピースボート地球一周の船旅が、96日間の旅を終え神戸港へ帰港しました。帰港記者会見ではクルーズで実施されたおりづるプロジェクトの報告が行われました。今回のクルーズでは、在ブラジル被...
カンボジアで地雷被害者への職業訓練を支援しています
INFO
2019/4/2

カンボジアで地雷被害者への職業訓練を支援しています

ピースボート地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)はカンボジアの障がい者の自立を支援するため、現地NGO「アンコール障がい者協会(AAD)」がおこなう木工彫刻トレーニングを資金面でサポートしています。彫刻...
バリのグリーンスクールから、もっとグリーンな世界へ
2019/3/28

バリのグリーンスクールから、もっとグリーンな世界へ

ここでは、第96回ピースボート・オセアニアクルーズで訪れたインドネシア(バリ島)で行われたツアーを紹介します。...
第99回ピースボートで「ガラパゴスの森再生プロジェクト」植林ツアーを実施しました
2019/3/25

第99回ピースボートで「ガラパゴスの森再生プロジェクト」植林ツアーを実施しました

第99回ピースボートにおいて、パナマのクリストバル港から本船を離れ、ガラパゴス諸島を訪れるツアーを行いました。5才から70代まで幅広い年代層の参加者26名と一緒にガラパゴス諸島に暮らす人々や動植物と出...
核兵器の禁止から廃絶へ、市民の力で進めよう 〜第100回ピースボートおりづるプロジェクト報告〜
2019/3/25

核兵器の禁止から廃絶へ、市民の力で進めよう 〜第100回ピースボートおりづるプロジェクト報告〜

南半球をめぐる第100回ピースボートの地球一周の船旅(2018年12月26日〜2019年3月31日 横浜発着)では、おりづるプロジェクトを実施しました。
「核兵器の禁止から廃絶へ 市民の...
3.1独立運動100周年のキャンドル集会を行いました
INFO
2019/3/14

3.1独立運動100周年のキャンドル集会を行いました

2019年3月1日は、日本に植民地支配をされた朝鮮半島で起きた抵抗運動「3・1独立運動」からちょうど100年にあたる記念日でした。この日、ピースボートは多数の市民団体とともに、東京の新宿アルタ前でリレ...
「どこか遠い世界」から「共に生きる世界」へ〜2018年秋期地球大学報告〜
2019/3/12

「どこか遠い世界」から「共に生きる世界」へ〜2018年秋期地球大学報告〜

第99回ピースボート地球一周の船旅(2018年9月1日~12月18日)にて、地球大学プログラムを実施しました。国連の掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の根底となるビジョン『誰一人取り残さない、持...
3.11から8年 国内外において、原発事故の教訓を風化させず、自然エネルギーの促進に努めます
INFO
2019/3/11

3.11から8年 国内外において、原発事故の教訓を風化させず、自然エネルギーの促進に努めます

東日本大震災と福島の原発事故から8年を迎えました。ピースボートはこれまで脱原発を推進してきましたが、現在、自然エネルギーによる照明を実際に必要な人々に届ける活動を行なっています。
...
なめらかにこの地球を一周
ドリアン助川
詩人、道化師、作家
もっと見る
ドリアン助川
澤田 かをり
澤田 かをり
福島子どもプロジェクト子どもの家おりづるプロジェクト
寄港地での出会いはもちろん、船での出会いが、これから続く人生の種まきであり、大きな栄養になるということを是非伝えたい。