活動レポート

世界190カ国で被爆証言会:第7〜9回を開催しました(米国、エクアドル、モンゴル)
INFO
2021/1/12

世界190カ国で被爆証言会:第7〜9回を開催しました(米国、エクアドル、モンゴル)

2020年12月21日時点で、7カ国9回、累計670名の方に証言を届けました。証言をした田中熙巳さんは「かなり高齢だれど、世界の若者と力を合わせてもう少し頑張りたい」と締めくくりました。
...
世界190カ国で被爆証言会:第4〜6回を開催しました(メキシコ、コロンビア、日本)
INFO
2020/12/31

世界190カ国で被爆証言会:第4〜6回を開催しました(メキシコ、コロンビア、日本)

2020年12月12日時点で、4カ国6回、累計425名の方に証言を届けました。
メキシコの主催者の「無知であることは知らないことではなく、物事を理解しないこと」との発言が印象的でした。...
東京の高校で「なんだろう地雷出前教室」を開催しました
INFO
2020/12/25

東京の高校で「なんだろう地雷出前教室」を開催しました

ピースボート地雷廃絶キャンペーンP-MACは、世界各国に埋められ人々を苦しめる地雷について多くの人に知ってもらうために、地域の集まりや学校などで出前教室を行っています。2020年12月3日、飛鳥未来き...
1/15「平和をつくることについて語るときに私たちの語ること」が開催されます
INFO
2020/12/21

1/15「平和をつくることについて語るときに私たちの語ること」が開催されます

2021年1月15日に、早稲田大学文化構想学部・社会構築論系主催の講演会「平和PEACEをつくることについて語るときに私たちの語ること What We Talk About When We Talk ...
世界190カ国で被爆証言会:第1〜3回を開催しました(日本、マレーシア)
INFO
2020/12/15

世界190カ国で被爆証言会:第1〜3回を開催しました(日本、マレーシア)

ピースボートは2008年以来、広島・長崎の被爆者の皆さんと世界各地で証言をするおりづるプロジェクトを続けてきました。今年10月から「おりづるプロジェクト・オンライン」として、全世界190カ国でオンライ...
『軍縮教育 ピースボートの方法論』が国連の本として出版されます
2020/11/2

『軍縮教育 ピースボートの方法論』が国連の本として出版されます

広島・長崎の被爆者や世界中の市民運動の努力の結果、2021年1月に核兵器禁止条約が発効する運びとなりました。ピースボートは、この条約の推進に、船旅を通じて貢献してきました。広島・長崎の被爆が各地で被爆...
「核禁おめでとう12時間テレビ」を行いました
INFO
2020/10/26

「核禁おめでとう12時間テレビ」を行いました

核兵器禁止条約が、発効に必要な50カ国の批准を達成しました。この条約は来年1月22日に発効することが決まりました。それは、核兵器が国際法で禁止されるということです。広島・長崎への原爆投下から75年経っ...
Go To ヒジュン!キャンペーン~日本も入ろう核兵器禁止条約 始まります
INFO
2020/10/22

Go To ヒジュン!キャンペーン~日本も入ろう核兵器禁止条約 始まります

核兵器禁止条約への批准国がまもなく50カ国に達し、その90日後に同条約は発効します。核兵器を非人道的でいかなる意味でも許されない兵器であるという新たな規範が、国際法として確立することになります。そこで...
11/18 国際セミナー「頓挫した原発輸出〜日立が撤退したわけ+原発産業の今」
INFO
2020/10/8

11/18 国際セミナー「頓挫した原発輸出〜日立が撤退したわけ+原発産業の今」

2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに続く東電福島第一原発事故からまもなく10年。事故は、自然のめぐみとともにあった人々の暮らし、生きがいやコミュニティ、家族との大切な時間を人々から奪いま...
11/14【世界を学ぼう】メキシコを代表する画家フリーダ・カーロの人生
2020/10/6

11/14【世界を学ぼう】メキシコを代表する画家フリーダ・カーロの人生

メキシコは多くの著名な画家を輩出していますが、その中でもフリーダ・カーロ(1907年~1954年)はメキシコのアイデンティティ、そして恋と悲劇の象徴としても有名です。小さい頃に交通事故に遭い、その影響...
自分で創っていく
須磨章
NHKエンタープライズ 世界遺産事務局長/プロデュ...
もっと見る
須磨章
沖田 卓矢
沖田 卓矢
UPA国際協力プロジェクト
考え方一つで物事は大きく変化する