活動レポート

国連事務総長が世界各国に停戦の呼びかけ。ピースボートも賛同しました
INFO
2020/4/11

国連事務総長が世界各国に停戦の呼びかけ。ピースボートも賛同しました

3月23日、新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受けて、国連のグテーレス事務総長は、「世界中に即時の停戦を求める」と呼びかけました。また4月3日にはビデオ回線を通じた記者会見も開き「世界は今、新型コロ...
【支援物資活動レポート】第101回ピースボート地球一周の船旅
2020/3/27

【支援物資活動レポート】第101回ピースボート地球一周の船旅

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、世界各地へ「支援物資」を届ける活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワークづくりを行っています。第101回ピースボート地球一周の船旅(2019年4月...
3.11から9年-被災者支援の継続を求め、原発汚染水の海洋放出に「NO」の声を広げていきます
INFO
2020/3/10

3.11から9年-被災者支援の継続を求め、原発汚染水の海洋放出に「NO」の声を広げていきます

東日本大震災から9年を迎えました。福島の原発事故を受けて、ピースボートはこれまで、原発事故被災者の支援と脱原発の活動を行ってきました。「復興」のかけ声の下、被災者への支援打ち切りや帰還促進の動きがあり...
カンボジアで地雷被害者への職業訓練を支援しています
INFO
2020/3/4

カンボジアで地雷被害者への職業訓練を支援しています

ピースボート地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)はカンボジアの障がい者の自立を支援するため、現地NGO「アンコール障がい者協会(AAD)」がおこなう木工彫刻トレーニングを資金面でサポートしています。彫刻...
マドリッドで開催されたCOP25に参加しました
INFO
2020/2/27

マドリッドで開催されたCOP25に参加しました

ピースボートは、2019年12月2日から2週間にわたりマドリッド(スペイン)で開催されたCOP25(国連気候変動枠組条約締約国会議)に参加しました。パリ協定(2015年12月)で定めたことが施行される...
過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました
2020/2/20

過去とどう向き合うのか?第102回ピースボートにドイツ・チュービンゲン大学生が乗船しました

第102回ピースボートでは、ドイツのチュービンゲン大学の学生がグリーノック(スコットランド)からマルセイユ(フランス)間で乗船し、平和教育プログラムを実施しました。このプログラムは、2005年から始ま...
ピースボートも参加する「気候変動イニシアチブ」が、日本政府に気候変動対策強化を求めるメッセージを提出しました
INFO
2020/2/6

ピースボートも参加する「気候変動イニシアチブ」が、日本政府に気候変動対策強化を求めるメッセージを提出しました

気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative=JCI)は、気候変動対策に積極的に取り組む企業や自治体、研究機関、NPO /NGOなどの情報発信や意見交換を強化するためのネッ...
第102回ピースボートで「カンボジア手洗いプロジェクト」を実施しました
2020/2/5

第102回ピースボートで「カンボジア手洗いプロジェクト」を実施しました

ピースボートはLUSH(株式会社ラッシュジャパン)と協力し、ピースボートが地雷除去の支援をするカンボジア・スナハイ村の小学校に石けんを届けています。石けんを使って手洗いの習慣をつけることで、子どもたち...
カンボジアで地雷被害者や地雷原の村に暮らす人々と交流しました
2020/1/30

カンボジアで地雷被害者や地雷原の村に暮らす人々と交流しました

第102回ピースボートで「カンボジア地雷問題検証ツアー」を開催しました。本ツアーでは、カンボジア内戦とその後の復興、地雷被害者への支援や今も日々続く地雷除去活動について学びました。その中から地雷被害者...
ラウトカのビーチを守るために気候変動と向き合う(第101回ピースボート・フィジー)
2020/1/29

ラウトカのビーチを守るために気候変動と向き合う(第101回ピースボート・フィジー)

ここでは、第101回ピースボート地球一周の船旅で訪れたラウトカ(フィジー)で行われたツアーの様子をご紹介します。2019年7月13日、ピースボートが寄港したフィジーのラウトカでは、地元の若者たちと気候...
平和で公正な国境なき世界へ
カレド・エマム
人権弁護士
もっと見る
カレド・エマム
畠山 澄子
畠山 澄子
地球大学核廃絶おりづるプロジェクト
一人として同じ人間などいないのだから、誰からも必ず学ぶことがあると気がつきました。