活動レポート

「どこか遠い世界」から「共に生きる世界」へ〜2018年秋期地球大学報告〜
2019/3/12

「どこか遠い世界」から「共に生きる世界」へ〜2018年秋期地球大学報告〜

第99回ピースボート地球一周の船旅(2018年9月1日~12月18日)にて、地球大学プログラムを実施しました。国連の掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の根底となるビジョン『誰一人取り残さない、持...
3.11から8年 国内外において、原発事故の教訓を風化させず、自然エネルギーの促進に努めます
INFO
2019/3/11

3.11から8年 国内外において、原発事故の教訓を風化させず、自然エネルギーの促進に努めます

東日本大震災と福島の原発事故から8年を迎えました。ピースボートはこれまで脱原発を推進してきましたが、現在、自然エネルギーによる照明を実際に必要な人々に届ける活動を行なっています。
...
英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2019年8月のプログラムの参加者を募集しています(4/30〆切)
2019/3/10

英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2019年8月のプログラムの参加者を募集しています(4/30〆切)

英語で学ぶグローバル人材育成のための地球大学特別プログラム、2019年度は8月にピースボート日本一周クルーズにて開講します。「ともに築く平和で包摂的なアジア」をテーマに東アジア3か国(日本・韓国・ロシ...
米朝会談に合わせてハノイで朝鮮半島の平和と非核化を訴えました
INFO
2019/3/6

米朝会談に合わせてハノイで朝鮮半島の平和と非核化を訴えました

2月27~28日に行われた米国のドナルド・トランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩委員長の首脳会談に合わせて、ピースボートはベトナム・ハノイにスタッフを派遣し、現地で朝鮮半島の平和と非...
広島・長崎のメッセージを世界に発信する「おりづるユース特使」を募集します(4/30 〆切)
2019/3/6

広島・長崎のメッセージを世界に発信する「おりづるユース特使」を募集します(4/30 〆切)

ピースボートでは、2019年8月の「日本一周クルーズ」(8月4日~23日)に参加する「おりづるユース特使」を募集します。広島・長崎の被爆の実相を踏まえ、平和や反核のメッセージを英語で発信できる18歳か...
ウルグアイ副大統領ルシア・トポランスキーさんが訪船されました
2019/3/1

ウルグアイ副大統領ルシア・トポランスキーさんが訪船されました

2019年2月13日、ピースボートは南米ウルグアイのモンテビデオに寄港しました。そして寄港を歓迎して、ルシア・トポランスキー副大統領が、停泊中のオーシャンドリーム号に乗船されました。ルシアさんは、ウル...
【支援物資活動レポート】第99回ピースボート地球一周の船旅
2019/2/1

【支援物資活動レポート】第99回ピースボート地球一周の船旅

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、世界各地へ「支援物資」を届ける活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワークづくりを行っています。第99回ピースボート地球一周の船旅(2018年9月1...
わたしと世界の関わりを変えた旅 ― 2018年春期 地球大学報告
2019/1/19

わたしと世界の関わりを変えた旅 ― 2018年春期 地球大学報告

「平和で持続可能な世界をつくる教育」をテーマに、第98回ピースボート地球一周の船旅(2018年5月8日〜8月22日)において、地球大学プログラムを実施しました。全25寄港地をめぐる106日間に及ぶ航海...
4月出航!日韓共催の船旅PEACE&GREEN BOAT 2019に挑戦したい高校生を募集します!
2019/1/15

4月出航!日韓共催の船旅PEACE&GREEN BOAT 2019に挑戦したい高校生を募集します!

ピースボートでは、今年4月に出航する日韓共催の船旅『PEACE&GREEN BOAT2019 煌めく春のアジア四都市めぐり(麗水・済州島・上海・長崎)』への乗船にチャレンジしたい高校生を募集しています...
ピースボート100回&35周年!国内外から届いた祝福の言葉(後編)
INFO
2019/1/14

ピースボート100回&35周年!国内外から届いた祝福の言葉(後編)

ピースボートが第100回の船旅を出航させるにあたり、これまでピースボートとご縁をいただいた世界各地の皆さんから祝福の言葉をいただきました。ここでは、その一部をご紹介いたします。...
船での経験が役立つ
川上泰徳
フリージャーナリスト/元朝日新聞記者
もっと見る
川上泰徳
河野 由樹
河野 由樹
グローバルスクール地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)UPA国際協力プロジェクト
新しい自分、発見、出会いがある場所。まずは一歩踏み出してください!