活動レポート

【2019年4月&9月出航】洋上保育園「ピースボート子どもの家」プログラムで参加者を募集しています
2017/12/21

【2019年4月&9月出航】洋上保育園「ピースボート子どもの家」プログラムで参加者を募集しています

子どもにも「世界」を体感させたい、家族で地球一周したい――そんな声に応えて始まったのが、小さな子どもと一緒に旅するプログラム「ピースボート子どもの家」です。2019年4月&9月出航クルーズで「地球一周...
日本の金融機関がクラスター爆弾製造企業への投融資を停止しました
INFO
2017/12/21

日本の金融機関がクラスター爆弾製造企業への投融資を停止しました

クラスター爆弾を製造する企業に投融資していた日本の4つの金融機関(三菱UFJファイナンシャル・グループ、三井住友ファイナンシャル・グループ、オリックス、第一生命)が方針転換し投融資を停止しました。...
アジア11カ国36名で考えた「平和で包摂的な社会」 ~2017年・地球大学特別プログラム報告~
2017/12/18

アジア11カ国36名で考えた「平和で包摂的な社会」 ~2017年・地球大学特別プログラム報告~

2017年8月10日(木)から8月28日(月)にかけての19日間、ピースボートは4年目5回目となる地球大学特別プログラムを開講しました。今年のプログラムは、国連の定めた持続可能な開発目標(SDGs)の...
『#YesICAN』キャンペーンに参加して、世界に声を届けよう!
INFO
2017/12/6

『#YesICAN』キャンペーンに参加して、世界に声を届けよう!

12月10日の「核兵器禁止条約」の実現に尽力したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ノーベル平和賞受賞を受け、「核兵器のない世界」、「核兵器禁止条約」に賛同を表明する「#YesICAN」キャンペーン...
ICANノーベル平和賞受賞記念!2018年1月出航の「おりづるプロジェクト」に参加するユースを募集しています
2017/12/2

ICANノーベル平和賞受賞記念!2018年1月出航の「おりづるプロジェクト」に参加するユースを募集しています

2018年1月に横浜を出航する第96回ピースボート・オセアニア一周クルーズで、広島・長崎の原爆被害の実相を伝えながら世界の核被害者とつながり、核のない世界へのアピールを行う「おりづるプロジェクト」を実...
世界で問われた「なぜ日本は核兵器禁止に反対するのか?」 第95回ピースボート帰港記者会見を実施しました
2017/11/27

世界で問われた「なぜ日本は核兵器禁止に反対するのか?」 第95回ピースボート帰港記者会見を実施しました

11月24日、約1000名の乗船者を乗せた第95回ピースボート地球一周の船旅が、横浜港へと帰港しました。帰国記者会見では、クルーズで実施されたおりづるプロジェクトの報告が行われました。今回は、木村徳子...
ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)とは?ノーベル平和賞受賞の背景を解説します
INFO
2017/11/22

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)とは?ノーベル平和賞受賞の背景を解説します

10月6日、ノルウェー・ノーベル委員会は2017年のノーベル平和賞を核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に授与すると発表しました。12月10日にオスロで授賞式が行われます。授賞理由として「核兵器の使...
ノーベル平和賞を胸に世界各地で核廃絶を訴えた! 第95回ピースボートが横浜に帰港します
2017/11/21

ノーベル平和賞を胸に世界各地で核廃絶を訴えた! 第95回ピースボートが横浜に帰港します

8月13日に約1,000人の参加者を乗せて横浜港から出航した第95回ピースボートが、世界21カ国23寄港地をめぐり、11月24日に横浜港へ帰港します。この船旅では、長崎の被爆者である木村徳子(きむら・...
ICANノーベル平和賞受賞を祝い、オスロを訪ねる被爆者ツアーを行います(申し込み締め切り済み)
INFO
2017/11/16

ICANノーベル平和賞受賞を祝い、オスロを訪ねる被爆者ツアーを行います(申し込み締め切り済み)

12月10日にノルウェー・オスロでノーベル平和賞の授賞式が開かれます。ここには、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN )の中心的なメンバーらが招待され、その中には広島・長崎の被爆者3名が含まれています...
ピースボートがニューヨークに寄港〜「持続可能な世界をめざす船上フェスティバル」を開催しました
2017/11/16

ピースボートがニューヨークに寄港〜「持続可能な世界をめざす船上フェスティバル」を開催しました

2017年10月15日、第92回ピースボートがニューヨークに寄港し、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)をテーマに船上フェスティバルを開催しました。このフェスティバルでは教育、パートナーシップ、...
踊りは楽しむことが一番大切
ココ・ティラオ
タヒチアンダンスグループ「アフトル・ヌイ」主宰
もっと見る
ココ・ティラオ
橋村 ゆりな
橋村 ゆりな
地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)災害救援と防災グローバル9条キャンペーン
戦争は正義と正義のぶつかり合いで起こります。
正義とはある日突然裏返るもので、定義や絶対はないのです。
しかし空腹の人にパンを一欠片差し出すことは、いつだって正義なのです。
やなせたかしさんの言葉です。