アル・ゴア氏の主催する気候変動リーダーシップトレーニングに参加しました

プロジェクト:SDGs キャンペーン
アル・ゴア氏の主催する気候変動リーダーシップトレーニングに参加しました登壇するアル・ゴア氏
ピースボートは、2019年6月5日から7日にかけて、オーストラリアのブリスベンで行われた、元米国副大統領で環境活動家のアル·ゴア氏が主催する「気候変動リーダーシップトレーニング」に参加しました。

アル・ゴア氏の主催する気候変動リーダーシップトレーニングに参加しましたトレーニングに参加したピースボートスタッフのダニエル・リード(左端)
アル·ゴア氏は2006年にドキュメンタリー映画「不都合な真実」を製作した後、2011年にClimate Reality Projectを立ち上げました。このプロジェクトは、気候変動に関する講座·研修を行い、この分野のリーダーを育てる趣旨で行われています。

プロジェクトは、年に数回の大規模な研修会議を世界の様々な地域で開催し、科学、政策、ケーススタディー、気候変動の現状などの側面から情報を伝えつつ、人々の効果的な啓発の仕方についても教えられます。

今回のトレーニングはオーストラリアと太平洋アジア地域が対象で、ピースボートは、学生、市民社会、企業など様々な分野の約800人ほどの方々とともに参加しました。

トレーニングでは、科学者や環境活動家、ビジネスリーダーなど多様な立場から、気候変動に対し、世界市民としてどのように取り組んでいけるかという議論が行われました。次回の会議は2019年の10月に東京で開催される予定です。

ピースボートは引き続きこのプロジェクトに参加し、気候変動に対して私たちができることに取り組んでいきます。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS