船旅レポート

11/28 第2回ピースボート・オンライン地球一周で世界の人々とつながろう!
2020/11/22

11/28 第2回ピースボート・オンライン地球一周で世界の人々とつながろう!

世界各地をめぐりながら、たくさんの人と出会う。ゆっくりと大海原を進みながら、いろいろなことを考える。そんなピースボートの船旅の醍醐味がぎゅっと詰まった1日を、オンラインで体験しませんか。今回は新しい取...
『軍縮教育 ピースボートの方法論』が国連の本として出版されます
2020/11/2

『軍縮教育 ピースボートの方法論』が国連の本として出版されます

広島・長崎の被爆者や世界中の市民運動の努力の結果、2021年1月に核兵器禁止条約が発効する運びとなりました。ピースボートは、この条約の推進に、船旅を通じて貢献してきました。広島・長崎の被爆が各地で被爆...
ピースボートの船内を再現! オンラインコミュニティ「OCEAN」 始まります!
2020/9/25

ピースボートの船内を再現! オンラインコミュニティ「OCEAN」 始まります!

ピースボートの新しいサービス「オンラインコミュニティOCEAN」が始まります。OCEANは、世代やバックグラウンドをこえてつながるピースボート特有の「場」をオンライン空間に再現した、過去乗船者の方向け...
「第1回ピースボート地球一周の船旅 オンライン」開催しました
2020/9/4

「第1回ピースボート地球一周の船旅 オンライン」開催しました

8月22日(土)、ピースボート史上初となるオンラインでの地球一周イベントを開催しました。アジアからスエズ運河、南欧、南米、南極から南太平洋へと航路を進めながら、その地域にちなんだ場所に関する講座を行っ...
成長していった紛争地の若者たち - ヤスナ・バスティッチが語るピースボートと平和教育vol.3
2020/9/3

成長していった紛争地の若者たち - ヤスナ・バスティッチが語るピースボートと平和教育vol.3

ピースボートで平和教育に携わるスタッフの中には、過酷な戦場をくぐり抜けてきた人がいます。旧ユーゴスラビア出身のヤスナ・バスティッチです。1992年に始まった紛争は、彼女の住むサラエボの街を火の海にしま...
アクションにつながる学びの場 – ヤスナ・バスティッチが語るピースボートと平和教育vol.2
2020/8/14

アクションにつながる学びの場 – ヤスナ・バスティッチが語るピースボートと平和教育vol.2

ピースボートで平和教育に携わるスタッフの中には、過酷な戦場をくぐり抜けてきた人がいます。旧ユーゴスラビア出身のヤスナ・バスティッチです。1992年に始まった紛争は、彼女の住むサラエボの街を火の海にしま...
わたしの故郷は戦場になった – ヤスナ・バスティッチが語るピースボートと平和教育vol.1
2020/8/7

わたしの故郷は戦場になった – ヤスナ・バスティッチが語るピースボートと平和教育vol.1

ピースボートで平和教育に携わるスタッフの中に、過酷な戦場をくぐり抜けてきた人がいます。スイスを拠点に活動するヤスナ・バスティッチは、紛争前の旧ユーゴスラビアのボスニア共和国で生まれ、開放的な街サラエボ...
オセアニアをめぐる旅−第103回ピースボート水先案内人特集(後編)
2020/7/7

オセアニアをめぐる旅−第103回ピースボート水先案内人特集(後編)

ピースボートの船旅に欠かせないのが水先案内人です。それぞれの専門分野を持つ水先案内人の皆さんは、世界をめぐる際のガイドとなってその知識や経験を参加者と共有してくれます。水先案内人は、これから向かう寄港...
【支援物資活動レポート】第102回ピースボート地球一周の船旅
2020/7/3

【支援物資活動レポート】第102回ピースボート地球一周の船旅

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、世界各地へ「支援物資」を届ける活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワークづくりを行っています。第102回ピースボート地球一周の船旅(2019年9月...
大学生だからこそできる地球一周の魅力(後)―学び編―
2020/6/26

大学生だからこそできる地球一周の魅力(後)―学び編―

ピースボートに参加する大学生の多くが、地球一周しながらさまざまな国の文化や社会問題を学べることに魅力を感じています。学生たちの相談に乗り、地球一周へ送りだしてきたスタッフの村上佑理へのインタビュー後編...
人類が自然の一部であるという眼差しを再びもつ
ロサリナ・トゥユック
グアテマラ / CONAVIGUA(グアテマラ未亡人協会...
もっと見る
ロサリナ・トゥユック
水口 明子
水口 明子
平和交響曲おりづるプロジェクト
人生一度きり!楽しんだもん勝ちです!