活動レポート

中国・南京で「歴史認識と東アジアの平和」フォーラムに参加しました
INFO
2017/9/23

中国・南京で「歴史認識と東アジアの平和」フォーラムに参加しました

9月9日から11日にかけて南京で開催された第16回「歴史認識と東アジアの平和」フォーラムにピースボートは参加し、川崎哲が東アジアの核問題について報告しました。中国、韓国、日本の3カ国からを中心に約10...
カンボジアで地雷問題に取り組む人々に出会うツアーを開催しました
2017/9/21

カンボジアで地雷問題に取り組む人々に出会うツアーを開催しました

第94回ピースボートで「カンボジア地雷問題検証ツアー」を開催しました。カンボジア内戦の歴史を伝える場所や地雷除去現場、被害者を支援する団体を訪問し、今も続く地雷被害について学びました。...
ベネズエラの若き音楽家たちとの旅ー報告書が完成しました
2017/9/14

ベネズエラの若き音楽家たちとの旅ー報告書が完成しました

2017年春から夏にかけて実施されたピースボート第94回クルーズでは、ベネズエラの「カラカス市民オーケストラ」の若き音楽家20名が横浜からカラカス(ベネズエラ)までの区間に乗船しました。このたび、出航...
【支援物資活動レポート】第93回ピースボート地球一周の船旅
2017/9/13

【支援物資活動レポート】第93回ピースボート地球一周の船旅

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、世界各地へ「支援物資」を届ける活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワーク作りを行っています。2017年3月末、日本に帰港した第93回ピースボート地...
核兵器禁止条約への参加と核廃絶を!~被爆者とユースが第95回ピースボートに乗船し呼びかけます
2017/9/13

核兵器禁止条約への参加と核廃絶を!~被爆者とユースが第95回ピースボートに乗船し呼びかけます

今年7月7日に、史上初めて核兵器を非人道兵器として全面禁止する「核兵器禁止条約」が国連で成立しました。ピースボートは核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の一員としてこの条約成立に尽力してきましたが、...
核兵器禁止条約を生かして北東アジアの非核化を-イギリスでの国際医師会議に参加しました
INFO
2017/9/10

核兵器禁止条約を生かして北東アジアの非核化を-イギリスでの国際医師会議に参加しました

9月4~6日にイギリス・ヨークで開かれた核戦争防止国際医師会議(IPPNW)とイギリスの医師運動組織メドアクト(MEDACT)共同の大会に、ピースボートの川崎哲がスピーカーとして招待され参加しました。...
ロシア、韓国の市民と交流したアジアの船旅 ~第10回日韓クルーズ報告
2017/9/2

ロシア、韓国の市民と交流したアジアの船旅 ~第10回日韓クルーズ報告

日韓両国から参加者が1000人以上集まり、ともにアジアを旅したピースボートの日韓クルーズ「PEACE & GREEN BOAT2017」。2017年7月27日から8月7日まで、韓国の麗水、釜山...
NO PHOTO
INFO
2017/8/17

【緊急声明】二度と朝鮮半島を戦場にしてはならない  米朝は武力ではなく対話による解決を

米国と朝鮮民主主義人民共和国の間の対立による戦争の危機を回避するためピースボートは国内外のNGOとともに以下の緊急声明(2017年8月17日付)を発表しました。以下に、声明文と共同で発表した各団体のリ...
被爆体験を引き継ぎ、核なき世界をつくる-「おりづるピースガイド」を100名養成します!
2017/8/12

被爆体験を引き継ぎ、核なき世界をつくる-「おりづるピースガイド」を100名養成します!

ピースボートはこれまで10回にわたる「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」を通じて、広島・長崎の被爆者の皆さんと共に世界に核兵器の非人道性と核なき世界へのメッセージを発信してきました。しかし被爆者の平均年...
アニメーションイベント「Into Animation 7」で、宇井孝司さんが子どもたちの絵を披露しました
INFO
2017/8/8

アニメーションイベント「Into Animation 7」で、宇井孝司さんが子どもたちの絵を披露しました

8月4日(金)~8月7日(月)の4日間、水先案内人でアニメーション映画監督である宇井孝司氏が所属する日本アニメーション協会が主催するイベントが、国立新美術館にて開催されました。ピースボートが行う平和交...
踊りは楽しむことが一番大切
ココ・ティラオ
タヒチアンダンスグループ「アフトル・ヌイ」主宰
もっと見る
ココ・ティラオ
大下 圭佑
大下 圭佑
一枚の写真が国家を動かすこともある。一本のVTRが世界を変えることもある。自分が見た世界を人に伝えるのも、一人ひとりが出来る大きな役割です。