全てのニュース

「知りたい」から「なくしたい」へ・森田幸子と「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」(Vol.1)
2021/2/13

「知りたい」から「なくしたい」へ・森田幸子と「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」(Vol.1)

ピースボート地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)は、これまで20年以上にわたって活動してきました。P-MACの活動の1つである「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」は、200万㎡以上の土地...
みんなで広げよう!意見書の声~辺野古・大浦湾の埋め立てをめぐって~
INFO
2021/2/13

みんなで広げよう!意見書の声~辺野古・大浦湾の埋め立てをめぐって~

ピースボートは、沖縄県の辺野古新基地建設問題に関して、「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会として活動しています。この度、当実行委員会で「みんなで広げよう!意見書の声」という動画投稿サイトを立ち...
2/12 与野党の国会議員を招いて核兵器禁止条約について討論会を行います
INFO
2021/2/12

2/12 与野党の国会議員を招いて核兵器禁止条約について討論会を行います

核兵器禁止条約が先月発効しましたが、唯一の戦争被爆国である日本の政府は条約に背を向けたままです。日本はこのままでよいのか。政策を転換して、核兵器廃絶へリーダーシップを発揮すべきではないか。2月12日、...
3/19【世界を学ぼう】性教育後進国!?命を育む「性教育」を日本でももっと身近に
イベント
2021/2/9

3/19【世界を学ぼう】性教育後進国!?命を育む「性教育」を日本でももっと身近に

昨年、性教育に関する本が10冊以上出版され、性教育に関心が集まっています。日本の学習指導要領では、月経や射精については学んでも、セックスを取り扱わないことになっています。しかし、実際に子どもたちに接す...
あと4年 未来を守れるのは今!キャンペーンに加わりませんか?
INFO
2021/2/2

あと4年 未来を守れるのは今!キャンペーンに加わりませんか?

毎年のように起こる異常気象、そしてこれから地球はどうなっていくのでしょうか。私たちがいま普通に暮らしているこの瞬間も、地球の気温上昇はジリジリと加速しています。これまで長い間、科学者たちが警告してきた...
3/8【ピースボートの顔】お腹も心も満たせるように・關戸寿樹
イベント
2021/2/2

3/8【ピースボートの顔】お腹も心も満たせるように・關戸寿樹

今回ご紹介するスタッフは、元々調理師でもあった愛知県出身の關戸寿樹です。学生時代にスポーツインストラクターを目指していた彼は、進路を決める際に両親に諭され、調理師の学校に通うことに。就職先を選ぶ際には...
7/5【ピースボートの顔】きっかけは母が当てた一等福引き・大下圭佑
イベント
2021/2/1

7/5【ピースボートの顔】きっかけは母が当てた一等福引き・大下圭佑

今回ご紹介するスタッフは、勤続18年になる大下圭佑です。彼は、高校生の時に地雷原を取材するテレビ特集を見たことがきっかけで、地雷問題に関心を持つようになります。そんな中、母親が商店街で当てたパソコンが...
3/1【ピースボートの顔】社会と家族のいろいろなカタチ・岡田ちひろ
イベント
2021/2/1

3/1【ピースボートの顔】社会と家族のいろいろなカタチ・岡田ちひろ

今回は、名古屋のピースボートセンターで勤務している、スタッフ歴22年の岡田ちひろです。幼少期から両親が自営業を営み、自宅は店舗となっていたため、家に他人が出入りするのが当たり前という感覚で育った彼女。...
2/10【世界を学ぼう】原発事故から10年、避難者は今
イベント
2021/1/31

2/10【世界を学ぼう】原発事故から10年、避難者は今

2021年3月、福島原発事故から10年が経とうとしていますが、その被害の影響は今なお続いています。福島から避難をされた森松明希子さんもその一人です。森松さんは、2018年に原発事故被害者の基本的人権が...
2/15【ピースボートの顔】選択権はいつもその手に・和田有紀
イベント
2021/1/31

2/15【ピースボートの顔】選択権はいつもその手に・和田有紀

今回ご紹介するスタッフはピースボートセンターおおさかに勤務しているスタッフ7年目の和田有紀です。将来進みたい道が見つからない中で、母親に軽く勧められたことがきっかけで、高校を卒業してすぐピースボートに...
ピースボートは動く平和博物館
金敬黙
早稲田大学教授
もっと見る
金敬黙
田中 洋介
田中 洋介
ピースボールプロジェクト
笑う門には福来たる。