全てのニュース

11/16【ピースボートの顔】”伝えたい”ではなく、”伝わらなければ”意味がない・西原由梨
イベント
2020/10/7

11/16【ピースボートの顔】”伝えたい”ではなく、”伝わらなければ”意味がない・西原由梨

今回は沖縄県出身のスタッフ、西原由梨をご紹介します。大学時代に休学してニュージーランドで1年過ごした際に、現地の先住民であるマオリとの交流を通じ、彼女は自身の故郷である沖縄について考えるようになりまし...
11/14【世界を学ぼう】メキシコを代表する画家フリーダ・カーロの人生
2020/10/6

11/14【世界を学ぼう】メキシコを代表する画家フリーダ・カーロの人生

メキシコは多くの著名な画家を輩出していますが、その中でもフリーダ・カーロ(1907年~1954年)はメキシコのアイデンティティ、そして恋と悲劇の象徴としても有名です。小さい頃に交通事故に遭い、その影響...
11/20【世界を学ぼう】ハワイ語で生まれる地域のつながり
イベント
2020/10/6

11/20【世界を学ぼう】ハワイ語で生まれる地域のつながり

伝統文化を否定し、西洋文化を重視する(させられる)ことで近代化してきたハワイ。しかし、1980年代にハワイで盛り上がる伝統文化復興運動(通称「ハワイアン・ルネサンス」)以降、ハワイ語などの伝統文化の価...
11/4【世界を学ぼう】出版記念トーク『軍縮教育 ピースボートの方法論』
イベント
2020/10/4

11/4【世界を学ぼう】出版記念トーク『軍縮教育 ピースボートの方法論』

ピースボートでは、核兵器や地雷の問題について、当事者の体験や証言に焦点をあてながら解決策を模索するという取り組みを長く続けてきました。またその中で、若者を含む多くのクルーズ参加者に、軍縮と平和の問題に...
11/2【ピースボートの顔】ふくおかピーセンの守護神・讃井悠介
イベント
2020/10/2

11/2【ピースボートの顔】ふくおかピーセンの守護神・讃井悠介

今回はピースボートセンターふくおかでディレクターを務める讃井悠介をご紹介します。福岡で生まれ育ち、スタッフになってからも福岡で勤務しているため、九州エリアではとても親しまれているスタッフです。海外旅行...
10/31, 11/1 地球一周!通訳ボランティア説明会【オンライン開催】
イベント
2020/10/1

10/31, 11/1 地球一周!通訳ボランティア説明会【オンライン開催】

世界の舞台で言語能力を活かして地球一周してみませんか?ピースボートでは、年3回以上行われる地球一周をはじめとする船旅で通訳ボランティアを年中随時募集しています。その説明会を開催しますのでご案内します。...
10/21【世界を学ぼう】ピースボート×富士国際旅行社「コロナ後」におススメしたい、出会う・学ぶ旅
イベント
2020/9/30

10/21【世界を学ぼう】ピースボート×富士国際旅行社「コロナ後」におススメしたい、出会う・学ぶ旅

一般的な観光だけでなく、現地の人々に出会い、自分を見つめ直す旅をピースボートはコーディネートしてきました。コロナ禍において、旅に出かけることが困難な現状ですが、そうした今だからこそ、あらためて旅の魅力...
10/26【世界を学ぼう】深掘り!デンマークの教育
イベント
2020/9/26

10/26【世界を学ぼう】深掘り!デンマークの教育

世界幸福度調査で常に上位のデンマーク。森の幼稚園や障害を持つ若者が通う学校、放課後から通うユースセンター、いつでも誰でも入学できる生涯教育機関「フォルケホイスコーレ(民衆の大学)」など様々な場で、子ど...
ピースボートの船内を再現! オンラインコミュニティ「OCEAN」 始まります!
2020/9/25

ピースボートの船内を再現! オンラインコミュニティ「OCEAN」 始まります!

ピースボートの新しいサービス「オンラインコミュニティOCEAN」が始まります。OCEANは、世代やバックグラウンドをこえてつながるピースボート特有の「場」をオンライン空間に再現した、過去乗船者の方向け...
被爆75年、未来のグローバルリーダーを目指して世界の若者が学びました~広島−ICANアカデミー2020
INFO
2020/9/24

被爆75年、未来のグローバルリーダーを目指して世界の若者が学びました~広島−ICANアカデミー2020

広島・長崎に原爆が落とされてから75年の今年、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)と広島県は、昨年に続き「核兵器と安全保障を学ぶ広島-ICANアカデミー2020」(2020年7月13日~8月6日)を...
自分で創っていく
須磨章
NHKエンタープライズ 世界遺産事務局長/プロデュ...
もっと見る
須磨章
Rachel Armstrong
Rachel Armstrong
思慮深く、責任感ある市民の小さなグループに世界を変える力があることを、私は疑いません。そして、そんな市民たちこそが実際に世界を変えてきたのです” マーガレット・ミード