全てのニュース

川崎哲の「谷本清平和賞」受賞が発表されました
INFO
2021/10/15

川崎哲の「谷本清平和賞」受賞が発表されました

10月15日、ピースボート共同代表で核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員の川崎哲が、第33回「谷本清平和賞」の受賞者に選ばれたことが発表されました。広島で被爆した牧師の谷本清さんは、その...
10/18【ピースボートの顔】15年 世界に声を届けて見えたもの・メリ・ジョイス
イベント
2021/10/12

10/18【ピースボートの顔】15年 世界に声を届けて見えたもの・メリ・ジョイス

今回ご紹介するスタッフは、オーストラリア出身のメリ・ジョイスです。姉の留学をきっかけに、海外に興味を持った彼女は、高校生の交換留学制度で日本に渡ります。その後、本格的に日本のことを学ぶために、日本の大...
10/6(水)21時から「戦争廃絶への功労賞」授賞式が開催されます
INFO
2021/10/4

10/6(水)21時から「戦争廃絶への功労賞」授賞式が開催されます

来たる10月6日(水)、夜9時からワールド・ビヨンド・ウォーによる「戦争廃絶への功労賞」の授賞式がオンラインで行われます。一般参加も無料ですので、事前登録の上、ぜひご参加ください。
...
岸田新首相は、核兵器廃絶へのリーダーシップを!~フィン事務局長とサーローさんの手紙
INFO
2021/10/4

岸田新首相は、核兵器廃絶へのリーダーシップを!~フィン事務局長とサーローさんの手紙

10月4日、岸田文雄氏が内閣総理大臣に選出されました。これを受け、ベアトリス・フィン核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)事務局長と被爆者のサーロー節子さんがそれぞれ、岸田新首相に手紙を送りました。被...
10/25【ピースボートの顔】未来を予想した卒業文集の続きは・関美衣
イベント
2021/9/25

10/25【ピースボートの顔】未来を予想した卒業文集の続きは・関美衣

今回紹介するのは、大阪出身の関美衣です。彼女が小学校の卒業文集に書いた夢は、「動物看護師」。動物の専門学校に進学し、その後、願い通り動物の看護師になります。しかし理想と現実は異なり、働き続けるかを悩ん...
11/11「幸せなら手をたたこう」誕生秘話
イベント
2021/9/25

11/11「幸せなら手をたたこう」誕生秘話

「幸せなら手をたたこう」。1959年に誕生したこの歌は、多くの人に愛され、歌い継がれています。スペイン民謡のメロディに歌詞をつけたのは、当時大学院生だった木村利人さんです。きっかけは、国際ボランティア...
空爆下のガザの声、パレスチナのいまを伝えました
INFO
2021/9/25

空爆下のガザの声、パレスチナのいまを伝えました

2021年5月21日に、イスラエルによるパレスチナ・ガザ地区への空爆に関する現地の声を紹介する緊急企画を実施し、600人程が参加しました。ゲストスピーカーとして、高橋和夫さん(中東専門家)、高橋真樹さ...
ベネズエラ豪雨被災者へ、支援物資を送りました
INFO
2021/9/25

ベネズエラ豪雨被災者へ、支援物資を送りました

世界各地に支援物資を届けるUPA国際協力プロジェクト。国と国との利害関係に左右されない、人と人とのつながりをつくることを目的に、1984年に始まりました。これまで、鉛筆やサッカー ボール、ミシンといっ...
世界190カ国で被爆証言会:第31〜33回を開催しました(レバノン、ジョージア、ドイツ)
INFO
2021/9/24

世界190カ国で被爆証言会:第31〜33回を開催しました(レバノン、ジョージア、ドイツ)

2021年9月21日現在、38カ国で42回、累計2984人の方に証言を届けました。
被爆者に残された時間は限られています。私たちは今、なるべく多くの被爆者の方々に世界に向けて語っていただ...
過去とどう向き合うのか:チュービンゲン大学の学生の記録
2021/9/24

過去とどう向き合うのか:チュービンゲン大学の学生の記録

ピースボートの船旅では、2005年から、ドイツのチュービンゲン大学とベルクホフ財団の提携の元で、平和教育プログラムを行っています。

この記事は、ピースボート第102回地球...
いちばん大事なこと
枝廣 淳子
環境ジャーナリスト / 翻訳家
もっと見る
枝廣 淳子
椎名 慈子
椎名 慈子
PEACE&GREEN BOAT平和交響曲パレスチナ・中東
いつも太陽の子で