8/6 奏で継ぐヒロシマ~被爆を生き抜いた2つの楽器~

プロジェクト:おりづるプロジェクト
8/6 奏で継ぐヒロシマ~被爆を生き抜いた2つの楽器~明子さんのピアノとパルチコフさんのバイオリン
8月6日、広島への原爆投下から76年を迎えます。この夜、広島から、被爆を生き抜いた2つの楽器「明子さんのピアノ」と「パルチコフさんのバイオリン」についてのお話と演奏をオンラインで配信します。「核なき世界」を願いながら、広島にゆかりある2名の演奏家による美しい共演をお聞きください。
8/6 奏で継ぐヒロシマ~被爆を生き抜いた2つの楽器~ピアノの三原有紀さん(左)とバイオリンの坂直さん
三原有紀(みはら・ゆき。ピアノ)
大阪府出身。洗足学園音楽大学大学院を首席で卒業。その後渡伊、イタリア国立ノヴァーラ音楽院を賞賛付き満場一致の満点、さらに特別名誉賞を得て首席で卒業。2018年ANDREA BALDI国際ピアノコンクール第1位 。2019年Città di Villafranca国際ピアノコンクール第1位。2020年Sergio Fiorentino 国際ピアノコンクール第2位。2021年Oleggio国際ピアノコンクール第2位。イタリア各地にてソロ、室内楽の演奏会を行うと共に、多数の音楽祭に参加、コンチェルトソリストとしてオーケストラと共演。祖母の三原霜子さんは、広島女学院でパルチコフさんにバイオリンを教わった。

坂直(さか・すなお。バイオリン)
広島市出身。3歳よりバイオリンを始める。第20回および第22回KOBE国際音楽コン
クール最優秀賞・兵庫県教育委員会賞、第18回関西弦楽コンクール優秀賞および審査員賞。広島市長より「フェニックス賞」、広島県教育委員会より「メイプル賞」をそれぞれ2度受賞。2014年および2019年「コジマ・ムジカ・コレギア定期演奏会」においてオーケストラと共演。ノートルダム清心高等学校3年。

イベント概要

イベントタイトル 8/6 奏で継ぐヒロシマ~被爆を生き抜いた2つの楽器~
日時 2021年8月6日 (金) 20:15~21:15
場所 このイベントはYoutubeで配信いたします。下記リンクよりご視聴ください。(無観客でYouTube配信のみのイベントです。市立施設の許可のもと行われます。)
講師 映像とお話:
二口とみゑ、廣谷明人(一般社団法人HOPEプロジェクト)
(聞き役)川崎哲(ピースボート、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)国際運営委員)

演奏:
三原有紀(ピアノ)
坂直(バイオリン)

曲目:
・愛の挨拶  エルガー
・(バイオリンソロ)無伴奏バイオリンソナタ第3番より「ラルゴ」 バッハ
・浜辺の歌 成田為三
・愛の悲しみ クライスラー
・シンコペーション クライスラー ほか
参加費 無料(申込不要)
注意事項 ★感想文コンクールを実施します
9~18歳を対象としたこのオンラインイベントの感想文コンクールを行います。大賞には「広島への旅」を贈呈します。詳細はこちらのリンクをご覧下さい。ご応募をお待ちしています。

★このプロジェクトでは、クラウドファンディングに取り組んでいます。こちらのリンクより、ご支援、ご協力をお願いいたします。
ダウンロード icon
8/6 奏で継ぐヒロシマ(フライヤー)pdf:1 MB
リンク icon イベント視聴はこちらから(YouTube)

インフォメーション

イベント
EVENT