この活動について

災害救援と防災
ピースボートは、1995年の阪神・淡路大震災以来、国内外での災害救援活動を長く展開してきました。2011年3月11日の東日本大震災に対しては、いち早く現場にスタッフを送り、同年4月に「一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)」(※)を設立しました。そして、宮城県石巻市や女川町、福島県などを中心に、緊急支援活動を行ってきました。その後も地元の方々とともに息の長い支援活動を続けています。
PBVの設立後は、国内外で起きる自然災害の緊急支援活動に加えて、「災害ボランティア・トレーニング」を実施し、将来の災害に備えた防災・減災への取り組みも展開しています。国際的には、国連防災機関(UNDRR)による「災害に強い都市づくり」キャンペーンと公式提携し、世界各地でトレーニングや啓発活動を進めています。
あわせて、福島の原発事故の教訓を世界に伝えることに力を入れています。津波が原発事故を引き起こしたように、複合災害への対応は欠かせません。被災地の皆さんと協力して、原発災害の実相に対する理解を広めることに取り組んでいます。
※2019年10月1日より団体名を「ピースボート災害支援センター」に変更しました。

このプロジェクトの公式サイト

協力団体

ピースボートの活動
PROJECTS