パンフレットをでお届け
資料請求

ピースボートで出会う韓国

ピースボートで出会う韓国
船旅で訪れる寄港地では、ピースボートならではの国際交流や見聞を深める多様なスタディ・プログラムを行っています。「ピースボートで出会う」と題して、それぞれの寄港地について、ご紹介します。

※この記事は、2020年〜2021年にかけてフェイスブックに掲載した”Voyaging with Peace Boat”シリーズの内容を基に作成しています。
船旅で訪れる寄港地では、ピースボートならではの国際交流や見聞を深める多様なスタディ・プログラムを行っています。「ピースボートで出会う」と題して、それぞれの寄港地について、ご紹介します。

※この記事は、2020年〜2021年にかけてフェイスブックに掲載した”Voyaging with Peace Boat”シリーズの内容を基に作成しています。

ピースボートで出会う韓国

ピースボートで出会う韓国
シリーズ最初の「寄港地」は、日本のおとなり、韓国。

地球一周の船旅の航路には入りにくい位置にありますが、短い期間でのショートクルーズでは必ずと言っていいほど訪れます。釜山(プサン)や済州(チェジュ)島のほか、仁川や麗水にも寄港しました。

特に、ピースボートは2005年以来、これまでに11回の「PEACE&GREEN BOAT(ピースアンドグリーンボート、通称:日韓クルーズ)」を韓国のNPO環境財団と共催してきました。

日韓クルーズでは、日本と韓国からほぼ半数ずつの参加者が乗り込み、日本と韓国、そして近隣のロシアや中国へも足を伸ばします。
ピースボートで出会う韓国
一番最近の日韓クルーズは2019年4月、日本の神戸、長崎、横浜、韓国の麗水(ヨス)、済州(チェジュ)島、さらに、中国の上海を訪れました。

それぞれの寄港地では、現地のグルメや文化、名所旧跡を楽しむとともに、「交流・検証ツアー」も行います。
ピースボートで出会う韓国
原発の危険について考えたり、長崎ではダム建設に立ち向かう市民と出会い、チェジュでは「四・三事件」の歴史を学び、また日本統治下の朝鮮半島における日本軍慰安婦や徴用工について検証するなど内容は多岐にわたります。

普段テレビや新聞、ネットメディアから流れてくる情報よりも、一歩も二歩も踏み込んで、旅の仲間と考え語り合う機会があるのが、日韓クルーズ、そしてピースボートの船旅の醍醐味です。

このレポートを読んだ方におすすめ