「核兵器廃絶国際デー」の取り組みなどが報道されました

プロジェクト:核廃絶
「核兵器廃絶国際デー」の取り組みなどが報道されました2019年9月23日に国連大学で行われたパネル討論「核兵器を自分事として考える」
9月26日は国連が定めた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」でした。これに合わせてピースボートは、国内外の多くのNGOと連携してさまざまなプロジェクトに取り組みました。その様子が、広く報道されています。ピースボートによる核兵器廃絶のための活動は、9月から10月にかけて、以下のような形で報道されています。
2019年9月6日 朝日新聞Globe+ プルトニウムをため込みながら世界に非核化を訴える、日本の矛盾
2019年9月23日 NHK 核兵器の廃絶を考えるシンポジウム 東京
2019年9月24日 東京新聞 核兵器製造会社への投融資 「日本の金融8社 実施」
2019年9月30日 Pressenzia The Beginning of the End of Nuclear Weapons premiered in Kyoto, Japan
2019年10月18日 毎日新聞(千葉) 核兵器廃絶へ ピースフェス あす千葉で

この時期に行われたデニ・ムクウェゲ医師の広島訪問(10月5~6日)と、ピースボートのニューヨーク寄港時のヒバクシャ国際署名の取り組み(10月10~11日)については、以下にリンクされている別の当該記事にその様子と報道の結果が出ています。

関連リンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS