全てのニュース

12/07【ピースボートの顔】コロナ禍だからこそ踏み出す勇気を・菊地純平
イベント
2020/11/1

12/07【ピースボートの顔】コロナ禍だからこそ踏み出す勇気を・菊地純平

今回ご紹介するスタッフは元自衛隊隊員でもあった栃木県出身のスタッフ、菊地純平です。仕事を辞めたタイミングでピースボートと出会い、厳しい規則の中での集団生活の反動で、自由に世界を見て周れることに魅力を感...
「核禁おめでとう12時間テレビ」を行いました
INFO
2020/10/26

「核禁おめでとう12時間テレビ」を行いました

核兵器禁止条約が、発効に必要な50カ国の批准を達成しました。この条約は来年1月22日に発効することが決まりました。それは、核兵器が国際法で禁止されるということです。広島・長崎への原爆投下から75年経っ...
Go To ヒジュン!キャンペーン~日本も入ろう核兵器禁止条約 始まります
INFO
2020/10/22

Go To ヒジュン!キャンペーン~日本も入ろう核兵器禁止条約 始まります

核兵器禁止条約への批准国がまもなく50カ国に達し、その90日後に同条約は発効します。核兵器を非人道的でいかなる意味でも許されない兵器であるという新たな規範が、国際法として確立することになります。そこで...
11/24【ピースボートの顔】転機をもたらす恋心・篠原雅彦
イベント
2020/10/17

11/24【ピースボートの顔】転機をもたらす恋心・篠原雅彦

今回はピースボートで10年勤務している篠原雅彦をご紹介します。中学時代まで充実した人生を過ごしていた彼は、失恋をきっかけに生きる活力を失い、さらに高校時代に両親とすれ違ったことで家出を経験。半年以上ホ...
11/29【世界を学ぼう】アンデスの過去を探って
イベント
2020/10/16

11/29【世界を学ぼう】アンデスの過去を探って

私たちが知っている「インカ帝国」は、実は存在しません。1532年にスペイン人が滅ぼしたのは、当時「タワンティンスユ/4つの州」と呼ばれていた国でした。アンデス山脈周辺には、地上絵を描いたナスカ文化やア...
11/9【ピースボートの顔】路を照らすホタルノヒカリ・德永涼子
イベント
2020/10/9

11/9【ピースボートの顔】路を照らすホタルノヒカリ・德永涼子

今回ご紹介するスタッフは、ピースボートセンターよこはまで勤務する徳永涼子(通称:ほたる)です。未成年でピースボートに乗船した彼女は、元々生きづらさを抱えながら学生時代を過ごして来ました。ピースボートと...
11/18 国際セミナー「頓挫した原発輸出〜日立が撤退したわけ+原発産業の今」
INFO
2020/10/8

11/18 国際セミナー「頓挫した原発輸出〜日立が撤退したわけ+原発産業の今」

2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに続く東電福島第一原発事故からまもなく10年。事故は、自然のめぐみとともにあった人々の暮らし、生きがいやコミュニティ、家族との大切な時間を人々から奪いま...
11/16【ピースボートの顔】”伝えたい”ではなく、”伝わらなければ”意味がない・西原由梨
イベント
2020/10/7

11/16【ピースボートの顔】”伝えたい”ではなく、”伝わらなければ”意味がない・西原由梨

今回は沖縄県出身のスタッフ、西原由梨をご紹介します。大学時代に休学してニュージーランドで1年過ごした際に、現地の先住民であるマオリとの交流を通じ、彼女は自身の故郷である沖縄について考えるようになりまし...
11/14【世界を学ぼう】メキシコを代表する画家フリーダ・カーロの人生
2020/10/6

11/14【世界を学ぼう】メキシコを代表する画家フリーダ・カーロの人生

メキシコは多くの著名な画家を輩出していますが、その中でもフリーダ・カーロ(1907年~1954年)はメキシコのアイデンティティ、そして恋と悲劇の象徴としても有名です。小さい頃に交通事故に遭い、その影響...
11/20【世界を学ぼう】ハワイ語で生まれる地域のつながり
イベント
2020/10/6

11/20【世界を学ぼう】ハワイ語で生まれる地域のつながり

伝統文化を否定し、西洋文化を重視する(させられる)ことで近代化してきたハワイ。しかし、1980年代にハワイで盛り上がる伝統文化復興運動(通称「ハワイアン・ルネサンス」)以降、ハワイ語などの伝統文化の価...
乗ってみないとわからない
西畠清順
プラントハンター
もっと見る
西畠清順
和田 有紀
和田 有紀
平和交響曲地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)
日本中、世界中に仲間ができる旅