9/20【緊急開催】混迷のアフガニスタン~「対テロ戦争」とは何だったのか?~

プロジェクト:紛争予防(GPPAC)
9/20【緊急開催】混迷のアフガニスタン~「対テロ戦争」とは何だったのか?~2018年、タリバーンや政府関係者が休戦協定の延長を県知事に要請することで合意された際の一コマ。(アフガニスタン、ナンガルハル県にて)写真提供:サビルラ・メモラワール
アフガニスタンで深刻な混乱が続いています。政権が崩壊し、国を逃れようと助けを求める市民の様子が連日のように報道されています。今回ピースボートは、アフガニスタンの今をしっかり理解するためには、米国政府が進めてきた「対テロ戦争」というものを振り返ることが必要だと考え、オンラインイベントを緊急開催します。
9/20【緊急開催】混迷のアフガニスタン~「対テロ戦争」とは何だったのか?~左からアン・ライトさん、谷山博史さん、清末愛砂さん
2001年9月11日の米国同時多発攻撃以降、米国政府は「対テロ戦争」という名の下にアフガニスタンに対する軍事行動と米軍駐留を継続してきました。しかし、今年になって米国は2021年9月11日までに米軍を完全撤収することを発表し、撤退が進む中、反政府武装勢力タリバンが主要都市を次々と制圧し、8月には首都カブールが陥落しました。私たちは、数多くの人命を奪いながら20年にわたって続けられ、日本政府も加担したこの戦争の意味を改めて考える必要があります。

本イベントでは、長年アフガニスタンと関わってきた、現地をよく知る方々とともに、今起きていることの本質を考えます。もちろんそのためには、この問題を、2001年以前から連続する複雑な歴史の中に位置づけて理解することも不可欠です。その上で、このイベントが今後のアフガニスタンの平和のためにどのような対話や支援が可能なのかを議論し、私たち自身に求められる役割は何かを探る、ひとつのきっかけになればと考えています。

【登壇者】
アン・ライト(Ann WRIGHT)さん
元米国務省駐アフガニスタン副代表、元米国陸軍大佐、平和のための退役軍人の会。
※日英同時通訳が入ります。

谷山博史(たにやまひろし)さん
日本国際ボランティアセンター[JVC]元アフガニスタン駐在代表・前代表理事・現顧問。

清末愛砂(きよすえあいさ)さん
室蘭工業大学大学院教授、RAWAと連帯する会共同代表。

【司会】
畠山澄子(ピースボート)

イベント概要

イベントタイトル 9/20【緊急開催】混迷のアフガニスタン~「対テロ戦争」とは何だったのか?~
日時 2021年9月20日 (月) 13:00-15:00
場所 このイベントはYoutubeで配信いたします。下記リンクよりご視聴ください。
講師 アン・ライトさん(元米国務省駐アフガニスタン副代表)
谷山博史さん(日本国際ボランティアセンター[JVC]元アフガニスタン駐在代表)
清末愛砂さん(室蘭工業大学大学院教授)
参加費 無料
注意事項 ▼参加方法:下記リンク先(Youtube)より、ご視聴ください。
https://youtu.be/gE6jqoqN54g

※以下の方に限り、ZOOMへの参加登録を受け付けています(定員250名に達し次第参加登録を締め切ります)。
①取材などの目的で英語で発言されるスピーカーの音声を英語のままお聞きになりたい方
②質疑応答の時間に講師に質問をしたい方(ただしすべての質問をお受けできるとは限りません)
上記に当てはまる方はこちら(https://is.gd/aEho26)から、お申し込みください。登録後、2日以内に参加リンクをメールにてお送りいたします。当日は送られて来たURLからご参加ください。

お問い合わせはevent(a)peaceboat.gr.jpまでメールにてご連絡ください。※(a)は@に書き換えてください。
リンク icon 視聴先(Youtube)

インフォメーション

イベント
EVENT