4/10 【緊急開催】ミャンマー:軍政と戦う人々 ~その声を聞く

プロジェクト:紛争予防(GPPAC)
受付は終了しました
4/10 【緊急開催】ミャンマー:軍政と戦う人々 ~その声を聞くPhoto: Patrick
ミャンマーでは国軍が2月1日にクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏を拘束して国家権力の掌握を宣言しました。多くの市民が、これに対して抗議と抵抗を始めました。国軍はこれを武力で弾圧し続けています。その様子は、連日ニュースで報道されているとおりです。2か月以上経った今も事態は収束するどころか、国軍による弾圧は激しさを増し、死者は500人を超えています。それでも市民は抵抗運動を続けています。その中には10代や20代の若者たちも多数います。
4/10 【緊急開催】ミャンマー:軍政と戦う人々 ~その声を聞くキン・オーンマー(Khin Ohmar)氏
同国では1988年に民主化運動が大きく盛り上がりましたが、このときも国軍がクーデターが起こして軍政をしきました。これ以来、民主化と人権を求めて、人々は戦い続けています。この運動を牽引し、ミャンマーの状況を国際的に発信してきた活動家のひとりのキン・オーンマーさんから、いま同国で何が起きており、人々が何を求めているのかについて、オンラインでつないでお話を聞きます。

さらに、問題の背景や国際社会の対応また日本の関わりについて、ミャンマーの人々と深く関わりながら活動してきたNGO「プログレッシブ・ボイス」の藤松りんさんと「メコン・ウォッチ」の木口由香さんからお話ししていただきます。ミャンマーでいま起きていることの実相を知ると共に、市民に対する弾圧を止め、民主化と人権のために私たちにできることを、現場からの声を聞き考えましょう。

【キン・オーンマー (Khin Ohmar)】
民主化・人権運動家。NGOプログレッシブ・ボイス諮問委員会議長。ミャンマー(ビルマ)出身。1988年の民主化運動に学生として参加。以降ミャンマー民主化運動に精力的に携わる。また国連人権委員会を始め様々な国際機関でミャンマーの人権状況などを積極的に証言している。2016年からミャンマーの政策研究・人権団体プログレッシブ・ボイス諮問委員会議長を務める。武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ(GPPAC)東南アジアの主要メンバー。2017年にはピースボートに乗船し、地球大学プログラムの講師をつとめた。

イベント概要

イベントタイトル 4/10 【緊急開催】ミャンマー:軍政と戦う人々 ~その声を聞く
日時 2021年4月10日 (土) 14:00~15:30
場所 このイベントはオンラインで「Zoom」を使用して行います。開始までにZoomアプリをインストールしておいてください。
講師 【基調報告】
 キン・オーンマー
 (民主化・人権活動家/NGOプログレッシブ・ ボイス諮問委員会議長)
【解説】
 藤松りん(プログレッシブ・ボイス)
 木口由香(メコン・ウォッチ) 
【司会】
 川崎哲(ピースボート)
参加費 無料
注意事項 ●日英通訳付き。
●以下の参加申し込みより、登録をお願いいたします。
登録するとその方専用の参加リンクがメールですぐ送られて来ますので、当日お時間になりましたら、送られて来たリンクからご参加ください。またキャンセルされる場合も、送られてくるメールの手順に沿ってキャンセル処理をお願いいたします。
●お問い合わせはevent(a)peaceboat.gr.jpまでメールにてご連絡ください。※(a)は@に書き換えてください。
●本イベントは、アーカイブを残しません。
リンク icon 参加申し込み

インフォメーション

イベント
EVENT