3/11原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議~福島原発事故から10年~

プロジェクト:脱原発
3/11原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議~福島原発事故から10年~2月4日に行われた記者会見にて
東日本大震災にともなう東京電力第一原発事故から10年を迎える今年の3月11日、オンラインにて「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議~福島原発事故から10年~」を原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)が開催します。ピースボートは、環境エネルギー政策研究所(ISEP)、国際環境NGO FoE Japan、さようなら原発1000万人アクションー実行委員会とともに、協力団体として参加しています。
日本で起こった原発事故を教訓に、世界の多くの国々が原発ゼロ・自然エネルギー推進に大きく舵を切りました。一方で、事故を起こした当事国である日本では原発ゼロを決断できず、世界から大きく立ち遅れています。このような状況を変えていくために、エネルギーシフトを推進する世界の動向を日本に伝え、そして福島原発事故後の日本の現状と課題を世界に発信します。
世界に学び、福島原発事故の教訓を世界に活かすため、ぜひご参加ください。

オンラインで30以上の企画が行われます

3月11日には、エイモリー・ロビンス氏(RMI共同創設者·名誉会長)、小泉純一郎氏(元内閣総理大臣)、小出裕章氏(元京都大学原子炉実験所助教)からの基調講演が行われ、クリスティアナ・フィゲレス氏(前国連気候変動枠組条約事務局長)、台湾のIT相オードリー・タン氏など、海外からのメッセージも紹介します。また、デンマークのサムソ島を世界的に有名な自然エネルギーの島へと変貌させてきた立役者であるソーレン・ハーマンセン氏からの報告とともに、福島の今を伝えるバーチャルツアー、原発の廃炉と汚染水について、あるいは東アジアの自然エネルギー共同体を考える企画などが行われます。また、夜にはChoose Life Projectのコラボで国会議員を招いてのトークイベントも行います。
詳細は関連リンクからご覧ください。

■日時:3月11日(木)10:00~22:00 ※前日夜にはプレイベントを予定
■参加費:無料
■開催方法:オンライン開催 ※一部、憲政記念館にて行います。
■申し込み:不要、当日はタイムテーブルから各企画へのリンクをクリックし、視聴いただけます。
■主催:原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)
■協力団体:特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所、 国際環境NGO FoE Japan、 さようなら原発1000万人アクション一実行委員会、 NGOピースボート

憲政記念館でオープニングイベント開催

3月11日は憲政記念館にてオープニングイベントを開催します。
お申し込みは関連リンクよりご覧ください。
※オンラインでもご覧いただけます。

オープニング
基調講演 小出裕章 (元京都大学原子炉実験所助教)
基調講演 小泉純一郎 (元内閣総理大臣、原自連顧問)

■日程:2021年3月11日(木)13:20~16:10(開場 12:00)
■会場:憲政記念館 (千代田区永田町1-7-1、永田町駅から徒歩5分、国会議事堂前駅から徒歩8分)
■参加費:無料(要申込)※申込〆切:3月5日(金)16:00
■定員:150名 ※お申し込みが定員に達し次第、閉め切ります。

カンパのお願い

世界会議を開催するにあたり、諸経費が発生しています。
コロナ禍で皆さまも大変な時期ではありますが、ご協力いただけると幸いです。
団体 1口3,000円 | 個人 1口1,000円 | 可能な方は複数口のカンパをお願いします。
振込先 ⇒ 城南信用金庫 営業部本店 普通預金849353 名義 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟
※振り込みの際に、振込人名義を「311+振込人の名義(例 311ヤマダタロウ)」としてください。

企業協賛のお願い

「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議」を成功に導くために、協賛企業としてご参加いただける企業を募ります。会議の趣旨にご理解・ご賛同いただき、協賛金の拠出をご検討いただきますようお願い申し上げます。詳しくは genjiren2021@gmail.comまでご連絡ください。

関連リンク

インフォメーション

活動について
PROJECTS