6/8【オンライン勉強会】メキシコ革命と壁画運動

受付は終了しました
6/8【オンライン勉強会】メキシコ革命と壁画運動
メキシコを訪れると、ほとんどの公的施設にメキシコに古くから伝わる物語などを題材とした大きな壁画が描かれていることに驚かされます。これは、植民地からの独立をめざしたメキシコ革命のさなか、1920年代から30年代にかけて、メキシコ全土に広がった動きです。壁画には、メキシコ人のアイデンティティの再認識や革命の意味を広く国民に知らせる意図がありました。世界的に例を見ない規模で行われたこの動きは、「壁画運動」と呼ばれていまる。

今回は、ピースボートに乗船経験があるメキシコ出身のグティエレス・実さんから、メキシコの歴史を振り返り、なぜこのような壁画運動が生まれたのか、背景を探っていきます。
6/8【オンライン勉強会】メキシコ革命と壁画運動
【グティエレス・実(みのる)さん プロフィール】
メキシコ出身、父はメキシコ人で母は日本人。大学では美術を専攻した。通訳経験は20年に渡る。ピースボートにはコミュニケーション・コーディネーター(CC)として12回乗船。また、マツダメキシコ工場では社長通訳として6年間勤務、メキシコ–日本政府間の通訳にも携わった。現在は広島県にて、メキシコオリンピック選手団の受け入れを行う。

イベント概要

イベントタイトル 6/8【オンライン勉強会】メキシコ革命と壁画運動
日時 2020年6月8日 (月) 20:00-21:00
場所 このオンライン勉強会は「Zoom」を使用して行います。開始までにZoomアプリをインストールしておいてください。当日の参加方法は申し込まれた方に別途お知らせします。
講師 グティエレス・実さん(通訳者)
参加費 無料(先着順、95名まで)
注意事項 以下の参加申し込みより、登録をお願いいたします。
当日(6月8日)の18時30分までにお申し込みください。
当日19時までに参加用のURLをお送りいたします。メールが届かない場合にはevent(a)peaceboat.gr.jpまでメールにてご連絡ください。※(a)は@に書き換えてください。
リンク icon 参加申し込み
イベント
EVENT