ピースボート地球大学とは

プロジェクト:地球大学
ピースボート地球大学とは
ピースボート地球大学とは、「地球一周の船旅」を活用し、乗船前・下船後の活動を含めたプログラムです。訪れる各地域での現場体験と洋上ゼミを合わせ、地球規模の問題を自分の問題として考える視点を養い、理解を深めていきます。平和な社会を築く当事者として、これからNGO・NPOや国際機関、地域活動など、さまざまな領域で活躍したい若者が、必要な知識や経験、行動力を身につけ、世界にはばたくことを目的としています。
ピースボート地球大学とは
【STEP 1】 〜情報を知識へ〜
地球大学で扱うテーマに関する事前学習を行い、基礎知識を身につけます。クルーズ直前に行われる合宿では、共同作業を通し、チームワークを深めます。

【STEP 2】 〜知識を経験へ〜
ピースボート地球一周の船旅に乗船。船内では地球大学ナビゲーターのゼミや講座を通してテーマについての理解を深めます。そして、自ら学んだことをイベントなどで情報発信していきます。また、地球大学生は特別英会話クラス(GET)が必修。寄港地で世界の人々と直接コミュニケーションをとるための「使える英語」を身につけます。そして寄港地では現場体験(エクスポージャー)を通じて、現地に暮らす人々ともに考え、学びます。

【STEP 3】 〜経験を行動へ〜
地球一周から帰ってきた後は、これまでのプログラムで得た経験を活かして、具体的に行動していきます。ピースボート地球大学と提携している国内外のNGOやNPO、企業では、インターンとして実地経験を積むことができます。また、受講生全体で活動報告会を実施したり、地域での活動に参加するなど、行動の場を広げます。

地球大学ナビゲーター

国内外からそれぞれのテーマに関する専門家を「ナビゲーター(進行役)」として船に招きます。

提携大学

ピースボート地球大学は、国内外の大学と提携や協力関係を結び、単位認定や学生の交換留学など、さまざまな協力活動をおこないながらネットワーク強化に努めています。

「これまでに提携・協力関係を結んだ大学」
嘉悦大学、恵泉女学園大学、神戸山手大学、清泉女子大学、中部大学、東京外国語大学、東京大学、和光大学、外交学院大学(中国)、聖公会大学(韓国)、韓神大学校(韓国)、チュービンゲン大学(ドイツ)、オハイオ大学(米国)、フランシスコ・デ・ミランダ大学(ベネズエラ)

国際ネットワーク

海外の大学やネットワークからは、インターナショナル・スチューデント=International Studentとして各地の若者が定期的に乗船し、地球大学受講生とともに学んでいます。また、ピースボート地球大学では、国際機関やNGO専門家を船上に招き、様々なプログラムを行っています。

提携NGO・NPO

国内外のNGO/NPO、企業との協力プログラムも数多く実施。帰国後のインターン(研修生)プログラム等さまざまな協力を行っています。

国際環境青年NGO/A SEED JAPAN、アムネスティ・インターナショナル日本、動く→動かす(GCAP JAPAN)、国際環境NGO/FoE Japan、開発教育協会・DEAR、地雷廃絶日本キャンペーンJCBL、ナマケモノ倶楽部、グローバル・ヴィレッジ/ピープル・ツリー、ヒューマンライ ツ・ナウ、ピースデポ、NGOを支援するNGO国際協力NGOセンター(JANIC)、グリーンピース・ジャパン、プラン・ジャパン、日本国際ボランティ アセンター(JVC)、greenz.jp、オックスファム・ジャパン、ビッグイシュー日本 など…

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS