核兵器禁止条約への参加と核廃絶を!~被爆者とユースが第95回ピースボートに乗船し呼びかけます

関連キーワード:
紛争
核兵器禁止条約への参加と核廃絶を!~被爆者とユースが第95回ピースボートに乗船し呼びかけます第95回ピースボートのおりづるプロジェクトに参加する被爆者の木村徳子さん
今年7月7日に、史上初めて核兵器を非人道兵器として全面禁止する「核兵器禁止条約」が国連で成立しました。ピースボートは核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の一員としてこの条約成立に尽力してきましたが、これからは、世界中の国々に同条約への一刻も早い署名と批准を呼びかけていきます。9月20日には国連で、核兵器禁止条約の署名式が行われます。ピースボートからは、ICAN国際運営委員をつとめる川崎哲が署名式に参加する予定です。
核兵器禁止条約への参加と核廃絶を!~被爆者とユースが第95回ピースボートに乗船し呼びかけます第95回ピースボートのおりづるプロジェクトにユース特使として参加する浦田沙緒音さん
10月1日にイギリス・ロンドン(ティルベリー)に到着する第95回ピースボートには、そこから長崎の被爆者木村徳子(きむら・とくこ)さんと、被爆三世のユース特使・浦田沙緒音(うらた・しおん)さんが乗船します。この二人が、ヨーロッパ、北米、中米諸国で核兵器の非人道性を伝える証言活動を展開します。そして、各国に核兵器禁止条約への参加を呼びかけると共に、核保有国に対しては核兵器の廃棄を求めていきます。10月16日に訪れるニューヨークでは、国連総会第一委員会が開かれている国連本部内でイベントを開催し、被爆証言を行って核兵器禁止条約への署名促進を訴える予定です。

また船内では、被爆体験の継承と核なき世界に向けて活動する「おりづるピースガイド」を育成するプロジェクトも展開します。

今回の「おりづるプロジェクト」参加者の略歴と活動の概要は以下より資料をダウンロードしてください。

関連リンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS