全てのレポート

マーシャル・タヒチ・福島の核被害者が交流~「太平洋ピースフォーラム」を行います
2016/3/16

マーシャル・タヒチ・福島の核被害者が交流~「太平洋ピースフォーラム」を行います

福島原発事故から5年、チェルノブイリ原発事故から30年を迎えるにあたり、ピースボートの船旅では、太平洋で核実験の被害者を招き、福島の被災者らと交流する「太平洋ピースフォーラム」を開催します。...
4/2 参加型シンポジウム 「福島・マーシャル・タヒチ 核被害者と考える民主主義」
イベント
2016/3/13

4/2 参加型シンポジウム 「福島・マーシャル・タヒチ 核被害者と考える民主主義」

福島原発事故から5年、チェルノブイリ原発事故から30年を迎え、ピースボートでは、太平洋で核実験の被害者を招き、福島の被災者らと交流する「太平洋ピースフォーラム」を開催します。 これらの地域では、...
「原発事故を風化させない!」南相馬市の桜井勝延市長がピースボートを訪問されました
INFO
2016/1/29

「原発事故を風化させない!」南相馬市の桜井勝延市長がピースボートを訪問されました

1月26日(火)、ピースボートセンターとうきょうに福島県南相馬市の桜井勝延市長が来訪されました。...
原発再稼働にNO! 再生可能エネルギーにYES! 各地で活動しています
INFO
2015/12/23

原発再稼働にNO! 再生可能エネルギーにYES! 各地で活動しています

いま日本各地で原発の再稼働が進められようとしています。しかし福島の原発事故はいまだ収束しておらず、多くの被災者は厳しい暮らしを余儀なくされています。原発の安全性の向上も確かでない中で、きわめて危険な動...
福島の教訓と核の被害を伝える-メキシコ市での取り組み
INFO
2015/12/6

福島の教訓と核の被害を伝える-メキシコ市での取り組み

第88回ピースボートがメキシコ・コスメル港に入港するのに先立ち、メキシコ市で福島原発事故の教訓に関するシンポジウムを開催し、ブックレット「福島 10の教訓」のスペイン語版をお披露目しました。...
インドから日印原子力協定締結へ反対の声を政府へ届けました
INFO
2015/11/28

インドから日印原子力協定締結へ反対の声を政府へ届けました

現在、日本政府は原子力発電所をインドへ輸出するため、インド政府と日印原子力協定の締結を目指しています。この動きに対して、インドでは同協定の締結を行わないよう求める声が生まれています。この度、インドの市...
「コミュニティ・パワー」で自然エネルギーを活かせ! ~北欧、オーストラリアの地域エネルギー~
2015/9/28

「コミュニティ・パワー」で自然エネルギーを活かせ! ~北欧、オーストラリアの地域エネルギー~

ここでは、第87回ピースボートに乗船された水先案内人の中から、北欧やオーストラリアで、自然エネルギーを地域で広める活動をされている方々のお話を紹介します。 ...
日本の核燃料サイクルの問題点を米国の専門家と共に国会で議論しました
INFO
2015/6/30

日本の核燃料サイクルの問題点を米国の専門家と共に国会で議論しました

核燃料問題の国際的専門家であるフランク・フォンヒッペル・プリンストン大学名誉教授(国際核分裂性物質パネル(IPFM)共同議長)が来日し、6月18日に国会エネルギー調査会準備会有識者チーム、超党派議員連...
福島原発事故4年、韓国TBCテレビの特集番組でコメントしました
INFO
2015/5/21

福島原発事故4年、韓国TBCテレビの特集番組でコメントしました

2015年5月10日、韓国のTBCテレビで原発事故後4年目を迎えた福島の現状と日本の原子力政策に関する特集番組が放映され、その中でピースボートの川崎哲がインタビューに答え日本の現状について解説しました...
3.11から4年「脱原発でつながる日本と世界」イベント開催します
INFO
2015/2/10

3.11から4年「脱原発でつながる日本と世界」イベント開催します

~福島原発事故4年目を迎えて~ 福島事故から今まで、一体何が起きてきたのか、若者が中心となって振り返りを行います。 日本からは被災者の人たちが参加。海外からはロシア、トルコ、インドなど5カ国か...
活動について
PROJECTS