3・1朝鮮独立運動100周年に、日本から応答する『2019年3・1百字宣言』を募集します

プロジェクト:歴史と和解 寄港地エリア:アジア
関連キーワード:
歴史
3・1朝鮮独立運動100周年に、日本から応答する『2019年3・1百字宣言』を募集します
1919年3月1日、朝鮮ソウルである宣言書が発表されました。この日以降、植民地支配を続けようとする日本の警察と軍隊によって押さえつけられるまで、朝鮮独立を求める人びとは示威行動を繰り広げました。この3・1運動は、朝鮮・韓国の人びとにとって、自分たちの国を取り戻すた目に行われた歴史として語り継がれ、記念日とされています。
朝鮮の人々の植民地支配への抵抗の精神は、2017年に朴槿恵大統領を退陣に追い込んだ韓国のキャンドル革命へと引き継がれています。また、2018年に南北首脳会談と米朝首脳会談が実現したのは、そして南北対話を進める文在寅政権を誕生させたのは、韓国の市民の力によるところも少なくありません。

今、行動を起こすべきは日本の側です。過去の加害の歴史を清算し、今も続く日本の植民地主義を清算することが、100年前に朝鮮独立運動に立ち上がった人々への、そして今朝鮮半島に暮らす人々に対して、日本の人びとが果たすべき応答ではないでしょうか。

『2019年3・1百字宣言』

3・1朝鮮独立運動からちょうど100年にあたる今年、「3・1朝鮮独立100 周年キャンペーン」実行委員会主催にて、「2019年3・1百字宣言」キャンペーンを行います。

100年前に発表された独立宣言文を分かりやすく現代語訳したものを読んでもらい、現代日本に生きる私たちが百字程度で応答文を作成し、お寄せいただくというキャンペーンです。

お寄せいただいた作品は、2月24日(日)14時より東京の文京区民センターで行う集会にて発表いたします。


※「3・1朝鮮独立100周年キャンペーン」実行委員会は、3・1朝鮮独立運動から100年を記念し、ピースボートを含む複数の市民団体で発足されました。

<参加のしかた>

呼びかけの趣旨に賛同していただいた皆様から、朝鮮半島の人びとへの想い、日本の現状への想いなどを込めた「2019 3・1百字宣言」を広く募集します。

「募集の呼びかけ」及び「宣言文」を読み、100字程度の応答文を作成してお寄せください。

1)呼びかけの趣旨に反し、植民地主義を肯定したり、独立運動を否定するような内容のものはお断りします。
2)原則として100字以内でお願いします。
3)団体・個人を問いません。国籍も問いません。また在外邦人とその団体も可です。
4)お名前(団体名)、ご住所(連絡先)、電話・FAX番号、メールアドレスを明記ください。ご住所等につきましては一切公表いたしません。
5)お名前の公表で匿名希望も可能ですが、その場合についても(4)は明記ください。
6)締切りは2月15日、当キャンペーン主催の2•24集会で公表します。
7)応募は、郵送・FAXも可ですが、好評の際の編集作業上、なるべくEメールでいただけるとありがたいです。

◼️送り先
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1 
ピースボート気付 3•1百字宣言担当
E-mail: 191931sengen@gmail.com
Fax: 03-3363-7562
こちらから資料をご覧ください。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS